パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

他社を知る!DELL Optiplex7020 パソコンが時々遅くなる HDD丸ごと交換(EaseUS Todo Backup Free)

   

私は仕事で使うデスクトップPCにデルのOptiplex7020を選んでいます。

一言で言えばコスパです。

それと今では当たり前になった工具レスPC(全てアタッチメント組立)というものが気に入っています。

スポンサーリンク


トラブル

そんな仕事用のデスクトップですが、最近時々「応答しない」などのメッセージを見かけるようになりました。

そこでハードディスクチェックアプリのCrystalDiskInfoでチェックしてみました。

そうすとやはり異常です。

処置

とりあえず、HDDが生きている時にOS(windows)を丸ごとイメージにして、別のHDDに移植します。

これは過去何回もやっているので、一番簡単です。

移行ツールは「EaseUS Todo Backup Free」です。

その類のソフトはいろいろ試しましたが、移行後の安定性等を考えると、これが良い感じです。

(EaseUS Todo Backup Free ダウンロード先)
https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

まず、パソコンにソフトをダウンロード→インストールします。

後は下記の手順です。

①メニューに「EaseUS Todo Backup」とありますので、その中の「EaseUS Todo Backup Free 11.5」をクリックして、ソフトを起動します。

②次にブートディスクを作成してください。

左メニュー最下部に「設定」がありますので、中のブートディスクを作成を選びます。

③ブートディスク作成後は「システムバックアップ」をしてください。

システムのイメージが丸ごと入るのはデフォルト設定で「C:\My Backups」というフォルダになります。

④バックアップが終われば、そのフォルダごとUSBの外付けHDDにコピーしてください。

事前作業はここまでです。

移行実施

早速、買ってきた東芝の3.5インチHDDを既存のHDDと交換します。

セキュリティワイヤーを解除します。

HDDを交換しますが、ここで工具レスの効果発揮です。

ドライブに先ほど作成したブートディスクを入れ、DVDドライブでブートします。

メニューから復元します。

稀にHDDのパーティションテーブルの不一致(GPT MBR)でエラーになりますので、その場合は下記を参照ください。

http://dynabook.biz/trouble_hard/12218/

終了して、再起動すると今までの画面が立ち上がります。(時間を要します)

そして最後にチェックです。

ディスクも東芝に変わってサックサクで動きます。

ストレスは良いことです。

 

 

 

 - その他, トラブル(ハード)