パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝テック製 B-458-TS23 ラベルプリンター分解修理 モーター固定部を補強

      2017/07/18

同じ東芝繋がりとしてブログにアップしておきます。

今回は東芝テック製ラベルプリンターB-456-TS23です。

このプリンターはラベルシールを発行するもので、多くは生産者直売所に設置されているものです。

依頼内容は印字が薄くなって、バーコードが読み取り難くなったのでなんとかならないか?ということです。

東芝テックの保守期間は既に終わっていますので、修理不可能です。

これは15年~20年くらい前に製造販売されたもので既に市場に中古すら全くありません。

修理もできず、中古もないので、このままでは壊れたら印字ができなくなり、商品にシールが貼れないということになります。

だからといってプリンターを変えると当然のことながらシステムも全てリニューアルしなければならず、数百万?の投資になります。

このように同じようなことで悩まれている経営者が沢山いますので、今回も前回のNECに引き続き自分の知識で何とかなるのである嬉しいです。

ダメ元でバックアップのマシンを作ってみます。

そこでリースアップ品を探し、やっとのことで見つけたのですが、不幸なことに壊れているみたいです。

分解するとモーター固定する箇所が破損して、紙送りができず、使い物にならないみたいで、廃棄処分品がリースアップで流れてきたのでしょう。

さらに分解するとプラスチック部が粉々に割れたみたいです。

酷く破損しています。

しかし、なぜ、こんな壊れ方をしたかわかりません。

どうやったらこんな壊れ方をするのでしょうか?

プラスチック部が割れて破片が中に沢山ありました。

しかし、機器を良く分析すると駆動部を支えるものがこのようなプラスチックだけで固定していたら、寿命は短いと思います。

そんなこと言ってもどうにもならない為、一旦、削って補強することにします。

上手く補強できれば良いですが?

スポンサーリンク


B-456-TS23修理

先ず破損したプラスチックが割れた部分を削って、ナットで補強します。

最初にモーターを外します。

ネジ止めのところにナット1つとナット2つ分までプラスチックを削り、高さを調整します。

100均一で買った長いネジで太目のものを使います。それでガッチリ固定します。

ローラーもガッチリ食い込みますので、ほぼ良いと思いますが、駆動部は常に振動や荷重がかかりますので、この状態で何年持つか?

早めの交換を勧めました。

修理して動くものは極力修理して使ってください。

こういう考え方は個人的には賛成です。

上記システムはwindowsXPのシステムなので、インターネットに繋がなければまだまだ健在です。

しかし、ハード的に寿命がありますので、そこをどう考えるか?だと思います。

できることは、現状のハード機器のバックアップを持っておかれると保険になるので良いと思います。

このままではプラマークが印字できませんので、システムからプラマークのビットマットをプリンター側に送信してあげなければ印字できないようです。

システムが古くなると大変ですが、諦めずやってみましょう

 - その他