パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 dynabook Qosmio T551/T4CW (PT551T4CBTW)メモリ増設(外し方)

   

この頃のマシンからwindows 7 64bitが主流になってきたように思う。

windows7 32bitは4GBまでのメモリ帯域。増設は自由だが、OSが認識できる帯域は4GB以下だ。

しかし、64bitになれば、マザーボードが可能であれば32GBくらいまで可能だ。

モジュールの値段がやや高いが、8GB×2の16GBあたりが快適だと思う。

しかし、この機種は8GBまでだった(泣)

4GB×2枚かな?

外し方は下記です参考にしてください。

スポンサーリンク


外し方

dynabook T551/T4CW(PT551T4CBTW)のメモリを外します。

551_1

↓赤マル部分にメモリモジュールが入っています。

551_2

↓赤マル部分のカバーを外します。

551_3

↓左右のロックを外し、上に引き上げると外れます。

551_4

PC3-10600S 2GB×2枚付いていました。

551_5

 

 - メモリ増設 ,