ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝Satellite B35とSatellite R35のキーボードの違い ファンクションのキー配列が違う

      2017/02/20

サテライトB35/R35のキーボードの違い

comp_k

サテライトB35を持っている人へ、サテライトR35を見ながらキーボードのファンクション操作を電話で教えていたら何か違う。

調べてみると微妙に違うことが分かりました。

スポンサーリンク


B35/R35のキーボード

仕様を調べるとカタログ上のキーボード仕様は106キー(JIS配列準拠)と同じものです。

しかし、ファンクションキー配列が違います。

Satellite B35のキー配列

クリックすると別ウィンドウで拡大します。

b35k

Satellite R35のキー配列

クリックすると別ウィンドウで拡大します。

r35

一見同じように見えますが、ファンクションのキー配列が違います。

即ち、FNキーを押しながら機能変更する時に使うファンクションキーの位置が違うということになります。

各々のファンクションキーを並べ合わせると下記のようになります。

(クリックすると別ウィンドウで拡大します)

rb35

私は外部ディスプレイの切替にR35でF4を指示していましたが、B35ではF5になります。

ここで食い違いが発生し、分かりました。

恥ずかしながら、知りませんでした(笑)

微妙な違いですが、調べてみると、これはキーボードの配列がJIS規格の適合されているということでファンクションキー別の機能割り当てはその規格に入らないからです。

ここはメーカー独自のものであり、マウスや音量など、割り当てたいものを設計時点で割り当てて、キーボードを製造するからです。

従って、形状が同じであっても互換キーボードとは言えず、それを無視するとファンクションキーの設定が上手く行かないという場合もあります。

良くヤフオクなどでキーボードを販売している業者がいますが、互換キーボードが互換で無いものもあります。

形状だけで判断せず、ファンクションのキー配列も確認するようにしましょう!

 - キーボード交換, キーボード型番 ,