パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 dynabook B25/66NBのマザーボード移植

   

久々のパソコン統合作業になります。

今回はdynabook B25/66NBのマザーボードをdynabook B25/32MBのボディに移植するという作業です。

なぜ?このようなことをするか?というと実はサブで使っているdynabook B25/66NBの方のキーボードの調子が非常に悪いのです。

バックスペースが効きません。

こういう場合は単にキーボードを交換すれば良いですが、先日下記の記事でも書いたように、この機種そのもののボディ強度が弱いのか?ネジ固定部のネジ止めがみるみる破損していっています。

この機種のキーボード交換は結局マザーボードを外さなければなりませんので、どうせ外すなら、もう一台綺麗なCeleronモデルのdynabook B25/32MBがあるので、それに移植しようと考えたのです。

恐らく、作業時間を考えればその方が断然早いですし、パームレスト等の汚れもなくなりますので、一石二鳥です。

下記がB25/66NBとマザーボード無しのB25/32MBです。

dynabook B25/32MBの方は既にマザーボードを外して準備した状態です。

ここで上記2機種の内部の違いを見てみます。

dynabook B25/66NBの内部

dynabook B25/32MBの内部

見て分かるようにマザーボードの形状が違いますが、何となくボディは行けそう?な気がします。

早速、dynabook B25/66NBのマザーボードを外します。

裏カバーを取った状態が下記です。

まず、HDDを外します。

ファンを外します。

その他、ケーブル、wi-fiカード、液晶ケーブルなどを外します。

wi-fiカードも取りますが、アンテナの位置を写真に残します。

マザーボード固定ネジを外します。

簡単にマザーボードが外れます。

マザーボードが外れた状態です。

比較しても全く同じですね。

先ほど外したdynabook B25/66NB(Core i3)のマザーボードをB25/32MBのボディに取りつけます。

いろいろ付け直すとこんな感じになります。

コネクター類など、全て適合します。

やはりこのマークがでると安心しますね(笑)

何ら問題なく、正常に起動しました。

調子悪かったキーボードが完全に復活し、綺麗なB25になりました。

以上

 - パソコン統合