パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ネットブック dynabook UX/23KWH (PAUX23KNUWH )を使ってみよう!!

      2015/10/03

今回はdynabook UX/23KWH (PAUX23KNUWH )のネットブックを紹介します。B5サイズの色はスノーホワイトです。

下記写真でも分るように天板が白で本体はシルバーのツートンです。

筐体も丈夫に作ってあり、軽く持ち運びが楽です。天板もRX系と違い、丈夫に作られています。

液晶は光沢液晶で、画面は10.1ワイドの小さなものです。愛用のRXと比較していますので、参考にしてください。

スポンサーリンク


比較してみる

book_1

届きましたので、早速開梱します。流石にネットブックなので箱は小さいです。

book_2

高級感がありますね。

book_3

スイッチはヒンジ中央のボタンです。

book_4

打ったときの適度なクリック感、そして19mmのキーピッチを確保し、快適です

book_5

UXの方が一回り小さくコンパクトに作られています。

book_6

液晶は
UX:10.1インチ
RX:12.1インチ
大分RXの方が大きいです。

book_7

立ち上がりのスピードはほぼ同じです。
画面解像度は
UX:WSVGA(1024×600)
RX:WXGA(1280×800)
解像度に関する記事

book_8

解像度が違うので、見易さはやはりRXの方が良いです。ほとんど画面に入りません。
バックライトは
UX:省電力LED
RX:通常の冷陰極管
UXの方が明るいですね。

book_9

各デバイスは大きく違います。UXはUSBとLANしかありません。もちろんオーディオのピンジャックはあります。

book_10

デザインは各々個性がありますね。

book_11

UXはUSBの数が3つです。RXと同じです。

book_12

UXはクリックのタッチが良かったです。RXと比べても良いですね。

book_13

UX、RXともにHDDのボックスがありません。HDDを外すときは本体を開かなければなりません。(泣)

book_14

UX:バッテリー装着時の重さは1179gです。 カタログ表記と同じです。

book_15

RX:バッテリー装着時の重さは1067gです。 カタログ表記とほぼ同じです。

book_16

大きさは一回り違います。

book_17

UXの場合、ネジが特殊ば場所がありますので、注意してください。通常に+ドライバーでは外せません。

book_18

メモリは標準1GBですので、1枚入っています。最大2GBですから、これを外して2GBを入れます。
バッテリーパック:PABAS209(10.8-25WH)
ACアダプター:G71C0009T118(19V-1.58A)

book_19

SAMSUNチップが入っていました。PC2-6400です。

book_20

今度はWIMAXの接続です。手持ちのWM3300Rを起動し、WIMAXの電波を受信します。この事務所はアンテナ2本です。

book_21

事務所の無線スポットとWIMAX(WM3300R)のスポットが表示されます。WIMAXの方を選びます。

book_22

SSIDは本体電池パックの上にありますので、そのIDを控えます

book_23

接続時にセキュリティコードを聞いてきますので、そのSSIDを入れてください。

book_24

接続しましたので、windows7の場合はどの形式でネットワークを構成するか?を聞いてきますので、社内を選びます。

book_25

マルチSSIDですから、もう一つ入力します。

book_26

SSIDは同じものです。

book_27

同じく社内です。

book_28

WIMAXの端末にてアクセス完了です。無線通信可能です。

book_29

アクセス完了!感度良好ですね

book_30

次にアイコン等が大きいので、それをコンパクトに小さくします。(小さいアイコン)

book_31

小さくなりました。

book_32

次にタスクバーなどを小さくします。スタートバー上で右クリック→プロパティを選びます。

book_33

「小さいアイコンを使う」を選びます。

book_34

小さくなりました。

book_35

ホームページをもっと見やすくする場合はブラウザーを全画面にしてみると見易いです。(F11

book_36

全画面になると表示内容が増えます。もう一度F11を押すと元に戻ります。

ネットブックは以前より気になっていた存在でした。私のモバイル端末は昔からdynabook SS 系でした。インテルのATOMを搭載したネットブックは単なるPDA端末と思っていましたが、意外と使えるなどの情報が入ってくると何となく気になるものです。
利便性やデバイス、CPU(ATOM)の性能を考えるとやはりdynabookSS系の方が良い気がします。ネットブックはやはりネット、メール限定の端末として、本来のモバイル端末(オールラウンドモバイルノート) は全てのデバイスが搭載されたものが良い気がしました。

(補足)
インテルのCore2DUO,Celeron,Atomの大きな違い

違いを語るのは非常に難しいですが、私の場合、1つの目安としてFSB(Front Side Bus:データの転送スピード)を見ています。

下記は極簡単に書きますので、参考にしてください。

※過去に掲載したもの
Core2DUO : 800 MHz ~1333 MHz
Celeron : 533 MHz ~800 MHz
Atom : 400 MHz ~667 MHz

価格差などはここにあります。
従って、Atomの場合は処理が複雑になるものは弱いです(演算処理)。

Core2を使用されている方は若干物足りないです。

外出先でネットやメールもしくはPC電話などを利用する為だけと考えた方が良いですね。(笑)

 - 比較