パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WEBモデルのdynabook TXWを購入して、dynabook TX/66と比較してみる

      2015/12/30

DSC_0164

流通モデルのTXとネット直販モデルのTXWがどう違うか調べてみようと思います。

記事用の予算を取ったので、手持ちのTX/66GBLとちょっと比較してみようと思います。

今回、購入しようと考えたのは「クーポン券」購入ができるからです(2009/9月末まで・・)。

サイトを読んでみると、掲載されているクーポン番号を購入時に入れるだけで4万程度値引きがあるようです。

10万以内でTXWが購入できるので、ちょっと買ってみようと思います。

問題はデザインですが、ウェブで見る限り、従来のTXのプレシャスブラックをグレーと融合させた、ちょっと高級感がある感じでした。

スポンサーリンク


比較

TX/66GBLと筺体を比較してみます。TXWは16型です。色がダークブラウンとブラックになります。

txw_8

↓幅も若干を大きいです。ブラウンの「TOSHIBA」マークも格好良いですね。

txw_9

↓サイドも同じです。

txw_10

↓デザインも全く同じです。 右側のTX/66GBLの方は光沢ブラックキーボードです。

txw_11

TX/66GBLとは違って、ダークグレーの天板は本体ブラックと調和して、ぐっと高級感があり満足です。

txw_12

型番:PABAS173

txw_13

↓HDDはシーゲートの320GB?がついていました。コストを抑える為に自社製は使わないのでしょう。

txw_14

↓メモリは流石、SUMSUN製 PC2-6400Sの2GB×2がついていました。

txw_15

↓これがキーボードを外した写真です。TX/66GBLはキーボード下に無線のmini-pciカードがあったのですが、TXWにはそれがありませんでした。どこに無線カードがあるのでしょうか?不思議です。

txw_16

↓キーボード裏です。キーボード型番は私が知らない型番でした。型番:PK1304G03Q0 S/N:09F60302976M

txw_17

念のためTX/66GBLから外したキーボードを付けましたが、問題なく動作しました。16型と15.4型のキーボードは同じです。

txw_18

率直に言って、TXWの方が「お得感」があると思います。

TX/66GBLは当時13万程度で販売されていました。TXWは10万以下です。

クーポン券とは言え、ウェブの数字を入れるだけです。

誰でも出来ます。つまり、10万以下で販売されているのと同じです。

それから考えると、オフィース付きのこのスペックで10万以下は日本製では安いと思います。

特にTXWは光沢筺体ですので、高級感があります。

Core2も搭載して、4GBのメモリを積んでいる為、Vista機でもサクサク動きます。

ウィルスバスター2009を入れましたが、これでも問題なくサクサク動きます。

流通モデルと若干デザインが違いますが、その希少価値という付加価値も付く為、ウェブ限定モデルはお勧めです。

 - 比較