ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

windows10無償アップグレード期間終了!これからのウィンドウズライフはどうなるのか?

   

winodws10

2016年7月29日(金)、約1年間続いたwindows10無償アップグレード終了の日が静かに終わりました

周囲の人には現在パソコンの操作などに不満を持っていなければそのままにしておき、不満がある場合のみアップグレードをするようにアドバイスをしていました。

何でもそうですが、何も不満や疑問等もないにも関わらず、「とりあえず・・・」という考え方はあまり良くありません。

特にデジタルの分野では返って状況が悪くなる場合があります。

もちろん、アップグレードする方には動作するソフトなど環境に依存する場合はしないように言っています。

結果、それが最良の方法だったと思います。

スポンサーリンク


何が良くなる?windows10

最終週にもなると福岡市内ではアップグレードを促進するwindows10アップグレード促進キャラバンカーを良く見かけるようになりました。

win_10car_2

win_10car_1

マイクロソフトの目論見など、提供する側の意図や、使う側の利便性など、この無償アップグレードを境に大きく変わるものが沢山あります。

一般のユーザーにとっては有償ソフトが無償でもらえるというメリットもありますが、果たしてこの無償アップグレードはユーザーにとってメリットになったのか?

それを考えてみました。

windows7ユーザーが変わるもの

大きく挙げれば下記のように3つくらいあると思います。

①起動が速くなる

windows8/8.1から採用されている高速ブート機能(Unified Extensible Firmware Interface(UEFI) )になる為、起動が速くなり、以前のように起動が終了するまでじっと待つ必要がなくなります。

ただ、ここはハードウェアスペックに依存するところなので、元々スペックが低いパソコンの場合は大きくは変わらないかもしれません。

とりあえず、windowsを起動しておいて後からボチボチ起動処理するという考え方に変わるので、windows7ユーザーにとってはここが大きな変更点かもしれません。

win_10

②セキュリティ機能強化

Windows Helloという機能が強化されているので、様々なデバイスを利用してログイン機能などのセキュリティ機能が強化されています。

kai

さらにはwindows7ユーザーには標準で無かったWindows Defender が標準装備されます。

あくまでも個人主観ですが、市販のワクチンソフトに勝るとも劣らない高性能なワクチンソフトと思っていますので、これが標準で使えますので、さらに強化されると思います。

※事前にインストールされているワクチンソフトと切替えて使えます。

一般的に無料のワクチンソフトは??・・・と言われる方もいますが、下記も参照してください。検知率は良いと思います。

ウィルスバスター未検知 Windows Defenderがマルウェアを検知する事例

どちらにしても最新OSの場合は外部の脅威から守ってくれますので、安心だと思います。

③仮想デスクトップ

マルチディスクトップ環境を作れるので、従来のアプリケーション毎にウィンドウを切り替えて使うという煩わしさが無くなります。

これは専用のデスクトップ環境をタスク(仕事)毎に作れると言う意味ですので、複数の仕事を1つのデスクトップでする必要がなくなります。

即ち、アプリケーションを切り替えるという手間が無くなるということです。

desk

desk2

その他もwindowsストアが標準搭載され、気軽にアプリケーションを購入できることや、GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)など、変わっているところが多々あります。

32bitだったパソコンは64bitになり、よりパフォーマンスも向上します。

それ以外にもwindows10 mobileなどとのスマートデバイスとの連携やMicrosoft Edgeなどでより高度なブラウジングなんかもできます。

個人的に言うと上記3つくらいのメリットを感じるのではないか?と思いますが、そこはハードウェアのスペックなどに依存するので、あまり低いスペックの場合はそのまま使って、買い替えのタイミングでwindows10へ乗り換えるというのも良い方法だと思います。

無料だから?という考え方はしない方が良いです。

windows8/8.1ユーザーが変わること

windows8/8.1に関しては操作性が大きく変わります。

windows本来の機能であるスタートメニューがwindows8/8.1にはありませんので、それが戻ってきただけでも大きく変わると思います。

以上のいろいろ研究してみて、上記のようなメリットがあると個人的には思います。

悪くなる点とは?

これは一言で言うとハードウェアのスペックが低いと操作性が悪くなると思います。

その他、windows10に対応していないソフトなどの不具合、プリンターなどの再セットアップなども発生します。

フォントが見辛くなったりするなど、環境が変わるといろいろ問題が発生します。

元々、windows10でハードウェア設計されていませんので、単にアップグレードしてもスムーズに動かないと考える方が自然だと思います。

パソコンの場合はwindowsなどのプラットフォームとハードウェアを繋ぐミドルウェアの設計がそのOS(windows)で行われなければなりません。

従って、windows7リリース当初のハードウェアであれば若干問題があると思います。

パソコンの寿命は5年~6年です。

それくらい使っているのであれば、買い替えタイミングでwindows10を選ばれた方が良いと思います。

こんな感じです。

 - コラム