パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

大名武久のdynabook分解修理サイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

dynabook 再生部品専門店を楽しむ!

      2019/06/03

結論から言えば、小売業は売り方が重要であり、その売り方を極めれば楽天やアマゾンヤフーなどの大手ショッピングモールに依存する必要など全くないのです。

長い目で見ればそういうショッピングモールは薄利多売で売りさばいている大量生産、大量消費時代の残像でしかなく、本来小売業の戦術を弱体化させてしまったと思います。

小売の原点に返れば、常に客の状況や市場の動向を踏まえ、いろいろと考えながら売るものであり、そういう探求心は経営の土台になり収益に大きく貢献すると思います。

しかしながら、それをせず、単純に売り易い仕組みに安易に乗っかって、手っ取り早く結果を求めると、その仕組みに頼らざる得ないという悲しい結果になります。

私はいろいろな会社を見てきましたが、最近は特にそれを感じてしまうのです。

スポンサーリンク


世の中が依存傾向にある

人間は一人では生きていけない動物ですので「何かに頼りたい」「誰かに頼りたい」という考え方は誰しも持っていることと思います。

結果がでるまでコツコツと前を向いて進むより、結果が直ぐ出せる確実な何かに頼る方が経営が楽だからです。

実は私も起業した当初は孤独感からか、どこかの会社に頼りたい、安定して仕事をもらいたいという依存的な思いがありました。

ですからついつい取引先の企業に仕事を依存してしまったり、メーカー営業に頼ったりと苦い経験があります。

しかしながら、これは結果としてそれは自分の会社に何ももたらさなかったのです。

むしろ、それは長い目で見れば会社のためにならないのでしょう。

何かに依存するということはそれに頼って生きていくということで、その依存先と運命共同体になってしまうからなのです。

仕事を多く提供してくれる会社に頼れば、当然安定した経営で非常に楽になりますが、それをしていくと自分で会社の体力を付けていこうという気持ちがだんだん薄れてくるのです。

そう、どんな会社にしようか?どう稼いでいくか?などの経営の青写真のようなものを考えなくなるのです。

やはり、起業したからには自分で自分のビジネスをコツコツと作っていくということが重要で、それがないのであれば起業など全くする意味がありません。

そもそも私が会社を辞めた理由は誰にも左右されず、自分で好きなようにお金を稼ぎ、生きてい行きたかったからなのです。

何かに依存するのであれば、格好つけて「起業」なんてする必要はなく、会社にしがみついて生きていけば良いだけだと思います。

自分で稼ぐということの面白さを残りの人生知りたかったということもあるのかもしれません。

依存ビジネスは良くない

人生約51年経験してきましたが、世の中にはある種のルールのようなものがある気がします。

それは結果というものが何を意味するか?です。

単に世の中の流れに乗っかって運よく、そのビジネスが成功しているのであれば、それは直ぐに終わってしまうことです。

今の時代そんなビジネスパターンが多いのも情報化社会の特徴だと思います。

つまり、情報が早い時代なので、結果が出易く、それと同様に終わるのも早いということです。

つまり、情報に左右されがちで、しっかり地に足を付けて稼いでいない?

最近そう思います。

凄いなぁ~この会社!」と思っても、2,3年後、ふとその会社を探してみると、ありません。

さらに調べると倒産や買収などで姿かたちが変わってしまったのです。

もちろん、私の会社の取引先にもそういう会社がいくつかあります。

最近特に感じることが小売業がアマゾンや楽天、ヤフーなどに依存してしまっている傾向にあることです。

これは今問題視されているコンビニのフランチャイズビジネスと何となく同じような気がします。

本部(モール)が儲かるビジネスモデルなのでオーナー(出店者)は単なる本部を支えているネジの役割でしかないのだと思います。

ネジが複数集まり巨大なビルを立てているようなものでしょう。

これが何かに頼ってしまう「依存ビジネス」だと思います。

即ち、作られたビジネスモデルの上に乗っかってしまうと当然業績が上がり安定した収益を得ることができますが、これは単に依存先の経営手法に乗っかっただけで会社としては非常にもろい存在になります。

これからの時代はネジになってはいけないと思います。

小売業は売り方を良く売り方を考えて他店と差別化しなければならない時代なのではないでしょうか?

恐らく、そういう時代なんだと思います。

先ずは考えて行動を起こす

インターネットマーケティングには「ブログ」というツールが非常に効果的です。

SNSが普及した今でも「ブログ」という文化は根強く生き残っています。

これはなぜか?

根底にあるのが「人間は悩む動物」ということだからだと思います。

悩みは人間を進化させ、そういう人は常にネット上の情報を収集しています。

ですから、グーグルなどの基本システムである「検索」という文化には終わりがないということなのです。

しかも検索ワードも時代と共に変わってきますので、それらをマーケティングすることで時代の流れが何となくわかります。

そう考えると、GAFA(Google Apple Facebook Amazon)と良く言われている4つのIT企業がありますが、最後に生き残るのはGoogleだと私は思っています。

ですから、時代というものをマーケティングすることでどうすれば物が売れるか?その中で自分は何ができるか?

これが何となく解ってきます。

どういう人がこのブログを何のために使っているか?など人の思考や動向が徐々に理解でき、何が情報として必要なのかがわかります。

今回、立ち上げた再生部品ショップも人が何を求めているか?

最初は「こういうお店があったらなあ~」という軽い気持ちで始めました。

差別化していく

人と同じことをしても競争になるだけですから、できればそれは避けたいです。

中古パソコンをばらして、再生部品として販売するということがそんなに珍しいか?

そんなことはありません。

私がやっている再生部品などの考え方は昔からあり、それはどころからでも購入できるのも今のインターネット時代のメリットなのです。

多くの人はヤフオクで購入しているのだと思います。

そして価格帯も様々だと思います。

ただ、ヤフオクは巨大過ぎる上、フェイクな情報が多く、しかも情報量が膨大過ぎて、探すことに疲れます。

おまけにオークション形式なので、ちょっとした部品を買うという利便性に富んでいません。

私もそうですが、ほとんどの人が使い難い、探し難いと思っているだけです。

検索システムを使いこなせばよいのですが、誰もがヤフオクをしているか?といえば意外とそうではありません。

もともとマーケティングすることが好きなので半年くらい調べてみると、やはり専門店が良いという結果になりました。

そこで東芝のノートPCでどういう機種がどれくらい市場に販売されいるか?どこが壊れやすいか?

ヤフオクの中古市場やジャンク市場でどういう形で出品されているか?ジャンクが多い機種は何か?など、多方面で分析し、グーグルアナリティクスで検索ワードやページのアクセス数、離脱率など、細かな分析結果でどういうスタイルで部品を販売していけばよいか?

こういう販売の流れがわかったのです。

オートリサイクルナカシマさんをTVで見た時にヒントを得ました。

そこで先ずは再生部品専門ショップとしてネットの中で認知してもらい、ニッチな部品を海外から仕入れ、販売していくことにしました。

そしてセルフメンテナンスの楽しさや、工具などの使い方などはブログを使って情報発信し、集客ツールとして使ったのです。

ブログは15年、ショップは約2年くらいやっていますが、ようやく専門店として認知して頂いた模様でパソコン修理業者、法人システム担当者などのリピーターの方が多く、初心者~中級者の個人のお客様も多くなってきました。

アマゾン、楽天、ヤフーなどでも売っているものなのですが、なぜ?私のショップで購入して頂けているか?

これをマーケティングすることで何となく理由がわかってきます。

楽しんでやる

なんだかんだ言っても利益がなければやる価値がない?

こう考えるのが当たり前だと思いますが、こういうオタクビジネスはまずは自分が「楽しんでやる」ことが重要なんだと思います。

そして購入者と情報を共有することでいろいろなことが発見でき、それをまたビジネスに繋げていくことが面白いのです。

既に大量生産、大量消費の時代は終わっています。

今からの時代はこうあるべきだ!」をベースに自分なりに小さなビジネスをより安定したビジネスへと成長させて行けば面白いのです。

本業はインターネット関係の仕事ですので、月数千円で始められるカラーミーショップなどを使い最小限の店舗経営をしています。

消耗品(段ボールなど)や送料、手数料など今までお客様に提案していたショップ経営を今度は自分で実勢しています。

もちろん、どんなに良い店(ショップ)を作っても、買いたい人に見てもらわなければ売れるものも売れませんので、検索をヒットさせるブログのツールをうまく使い、情報発信しています。

大手モールの中に仮に出店すれば、それなりに売れるかもしれませんが、それでは面白さがありません。

自分で販路を作っていくことで新しい何かが生まれてくるような気がします。

今はよりニッチなワードの部品の専門店という存在が効果的なのでしょう。

以上

 - コラム