気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

スペシャリストな人生?

   

人より優れたものがあると良い。

「こんなの知ってても何の得にもならない」

果たしてそうか?

”スペシャリスト”という響きは素晴らしいし、認められるまで、粛々とやり続けることがことのほか重要だと私は思う

だからそういう人生にいつも憧れてしまう。

昨日もオセロの世界チャンピオンが12歳?

すげ〜スペシャリストじゃん(笑)

と言ってしまった。

スペシャリストネタは2回目!

前回も言っていたが、これを聞くとスタローンの映画「スペシャリスト」を私は思い出す。

スポンサーリンク


私のスペシャリスト

脱サラして約11年?

10年過ぎれば、そこそこ食えるようになったし、そこそこ仕事も入るようになった。

そこそこエアロも楽しめるようになり、そこそこ時間にも余裕がでてきた。

そんな「そこそこ」だった人生の中で、若干死ぬ目にあったけど、結果死ななかったのであと10年くらいはしぶとく生きるだろうと思う。

とりあえず、僅か70年?くらいの短い人生なので、とりあえず引き続きスペシャリストを目指して頑張ってみることにした。

何の?

以前も言ったがオタク街道を走り続けているので、とりあえずそれを超越したい。

東芝ノートパソコンという小さなカテゴリーのスペシャリストだ。

この小さなカテゴリーを深く深く掘り続けて約30年、またまた役にたってしまった(笑)

前回が2004年のwindowsXPだから14年前のモデルの復元を受けた。

14年前くらいであればまだ海外にもいろいろと部品があるので大丈夫だが、今回は2000年のモデル、つまりwindows98の復元の相談を受けた。

該当の機種は右側。

そうなると18年前?まだ、動いていた?

ちょっとびっくり(笑)

オタクスピリットが若干熱つめ?

流石にできるかな?というより、部品があるかな?

と思ったが、”スペシャリスト”魂は何事も恐れてはいけない。

このハードルは超えなくてはならないと思い、とりあえず受けた。

スイッチ基盤の故障でマザーボードのコンデンサーもだめになっているみたいだ。

ハードディスクは不思議と生きているみたいだからと、会社の倉庫の中を探して20年くらい前の東芝ノートブックを発見!

壊れてたので、電源基盤を付け替えてとりあえず、動くようにした。

時間と労力を考えると、移植っすねと頭をポリポリかきながら移植作業!

起動完了。

とりあえず、業務はできるみたいだな。

業務?

何やってるか、聞いてみた。

弥生販売?

windows95/NT版が動いていた(笑)

化石だな、こりゃ(笑)

まあ、新しい機器に代えられない理由は聞かなかったけど、多分、ここまで古くなると新しいソフトにデータが対応していないので継承ができないからじゃないかな。

バブル崩壊やリーマンショックなどの影響で一時的に時代が止まっているという中小企業さんはまだまだ沢山存在する。

だから、このクラスの機種を使っているところはまだまだ多いと思うな。

さらに深く深く掘ってスペシャリストを磨こう。

では、また。

 - ビジネス