気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

レンタルとシェア?どう違う?

      2018/10/09

シェア時代が加速する最近の世の中だけど、ついに福岡にサイクルシェアがやってきた。

メルチェリ

中国ではこのサイクルシェアが急速に拡大しているけど、増え過ぎた今は政府が規制に乗り出している。

放置自転車が駅周辺の交通を邪魔しているからだ。

それと反対に福岡ではまだまだ自転車が足りない。

ポートと言われる場所に上の自転車が置かれていて、利用可能であれば専用のアプリで直ぐに解る。

空いていれば、直ぐ借りて、目的地でポートに置けば終わり。

時間で月末コンビニ払い。

便利と言えば便利になった。

自転車の保管場所や、雨の日に置いてきた自転車を取りに行かなくて良い。

常に空があれば非常に便利だ。

カーシェアリング、ライドシェア(シェアサイクル)、シェアオフィスにシェアハウス。。。。

何でもシェア、シェア、シェアだ。

まだまだ周囲の人と共有、つまりシェアできるものは沢山あると思う。

じゃあ~レンタカーとカーシェアリングはどう違うか?

そこに時代の背景がある。

レンタルは契約関係があり、「借りる」ことが前提になるが、シェアは登録だけで「借りる」という概念ではなく、空いてたら「使う」という概念になる。

この便利さが昨今普及している理由だと思う。

だったら、昔の「レンタル」がこれからはシェアに変わっていくと思うが、既に全く姿を変えているものも多い。

レンタルビデオなんかはシェアビデオやシェアDVDと言わず、ネットによるストリーミング配信のサービス、つまりオンデマンドに変わった。

まだ一部レンタルDVDという形でサービスが残っているが、これも規模縮小せざる得ないだろう。

そのうちレンタルという言葉が無くなる日も近いかもしれない。

スポンサーリンク


レンタル?シェア?

違いが良く解らないという方はこう考えれば良い。

レンタルは「借りる」、シェアは空いてたら「使う」だ。

こう考えると解ると思う。

これは我がままな人間の本性に付け込んだビジネス界の流れになるのだろう。

そうなると、常に使っているものや、持ち運んでいるもの、持っていると置き場に悩むものなどが今後「シェア」の中心になってくる。

車や、バイク、自転車はもちろん、衣類、貴金属、靴、バックなどシェアできるものがまだまだ沢山あるのかもしれない。

そのうち人間もシェア?

シェア妻に旦那シェア?

そんなのないかな(笑)

しかし、そういう時代も遠い将来訪れるかもしれない。

これは何となくものに対する「愛着」というものが無くなってきたドライな時代の象徴だろう。

では、また!

 - 独り言