気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

食文化の危機

   

私には農家の従兄弟がいる。

久留米で手広く農業をやっている、法人農家だ。

子供の頃、よく遊びにいっていたが、とにかくお金持ちだったことだけは覚えている。

当時、そこには自宅専用の畑があり、自分たちが食べるものはそこで作っていたみたいだ。

米はもちろん、野菜なんかも作っていた。

「?」

子供の頃は何の疑問も無かったが、ふと、昨日のテレビをみてその疑問が解けた。

それは農薬だ。

そのテレビではカルガモ農法があっていた。

カルガモに害虫を処理させる米作りがあっていたのだが、農薬などは一切使わない。

そこの大将が「我々農家は自分たちが食べるものは別に作っている」言っていた。

それは裏を返せば、消費者向けの米は食べられない。いや、食べたくないだろう。

それは農薬だ。

普段の生活では農薬などに縁遠いが、今は次々と新種の農薬が作られているのだ。

厚労省やJAの人から聞いた。

それを使った米を長年食べ続けた人などいないので人体に及ぼす影響は単に机上での数値にしか過ぎない。

東大出のエリート官僚たちが、あれやこれやでガイドラインを作っている。

果たして本当に人体に害がないか?

そんなもん、誰にもわからんやろうと言いたい。

福島でもトリチウムを海に流す?

人体には影響がない?

風評被害が気になる?

もう、信じられないコメントだ。

風評被害やないばい。

言葉の意味を知れ!

国民をどこまで馬鹿にすればよいのか?

そう考えると、今の食が本当に安全か?

不思議でたまらなくなる。

スポンサーリンク


スーパーの圧縮陳列

ルネサンスイオンモールのレッスンの帰りに「BIG」というスーパーがあるので、時々、そこで買い物をして帰る。

驚くことはどこをみてもお菓子の山だ。

そう、ドン・キホーテがやりだした圧縮陳列をしている。

だから、普通のスーパーとはちょっと違う

安さを売りにしたスーパーだ。

大量にある菓子は同じお菓子でも味を変えているものが大量にある。

おまけにビールもそうだ!次から次へと新しい商品が生まれている。

とにかく、何でも大量にある

そう、消費者は新しい?珍しいものしか振り向かなくなっているからだ。

透明のコーラーに透明のしょうゆ。

それに使わているものは全て添加物だ。

こんなの食べ続けたらどうなるの?

と疑問に思わないだろうか?

私は最近よく思う。

現代社会はとにかく売れればいいという利益主義になっていて、食の安全と言いながらも、基準はマニュアルのように作られた厚労省の基準だけだ。

つまり、ルールさえ守っておけばよいのだ。

しかし、そのルールすら守れず、企業の不祥事は次から次へと発生し、どれがどれだか?分からないのも今の社会の特徴でもある。

まだまだ、叩けばホコリがでる会社は沢山あるはずに違いない。

誰が市民を守るか?

役人や政治家すら、私利私欲にまみれ、真っ当な仕事をしている人などいない世の中だ。

ルールを作る人達が自らルールを守っていないのだ。

恐らく、これだけある添加物を毎日身体で処理しなければならない内蔵は毎日悲鳴を上げているだろう。

それがストレスとの因果関係でつくられたのが癌だ。

ストレスと添加物と癌?

この組み合わせ大いにあると思う

運動も重要だが、やはり食生活が一番重要だろう。

もう一度、原点に戻って欲しいものだ。

では、また!

 - 独り言