気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

復活した歯

      2018/09/03

何を信じればよいか?

世の中、そんな事ばかりだ。

通いの歯科医院からインプラントしか方法がないと告知され早一年。

それから市内のいろいろな歯科医から見捨てられた。

酷いものだが、所詮私の治療をしてもリスクばかり負うだけで医院自体が赤字になるからだろう。

だから、どこに行ってもインプラント治療と言われたのだ。

私は「高額たから」という理由でインプラントが嫌だという訳ではない。

鉄を体内にいれるなど、どう考えてもナンセンスな考え方だからだし、第一この年になって大事な歯を抜きたくないからだ。

そこでネットで探してダメ元でお願いした。

唐津の歯科医が当時治療して何とか復活を成し遂げた。

これは凄いことだと思う。

そう、金にならない上にリスクを負ってくれたからだ。

なかなかできないことだと思う。

今は第二ステップで強度の補強を行っている。

私の咀嚼生活には何ら問題がない。

これは何を意味するか?

何事も諦めてはいけないということが明らかだが、それ以外に医療界の考え方が解った。

たから、私はこの医師に出会ったことを感謝している。

今は月ニくらいメンテナンスで唐津に通っているが、この医院は予防歯科というだけあって、いろいろ予防法を教えてくれる。

おかげで他の歯の具合も磨き方一つ変えただけで、これまた調子が良い。

リスクを負わない歯科医とは違い、この先生はリスクを負って治療をして、そのあとを大切にしている。

それは技術力だ。

自信がないとこれが出来ない。

それと患者との信頼関係だろう。

私はプロに任せているという感じがする

もちろん、疑問があれば聞くが納得できる解答もしてくれる

そう、私のいうプロはこれだ。

不思議なことにこの唐津には猿田彦神社があった。

これもまた何かの力ではないだろうか?

不思議なものだ。

では、また。

私の内容がアップされていたのでリンクしときます。
http://mabo400dc.com/dental-treatment/post-28396/#comment-1433

 - 独り言