気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

最近のエクササイズ

   

昨日は玉代勢さんのエアロを受けに西新に行った。

久し振りだろうか?

何となく前回受けた記憶が薄い。

いつだっけ?

まあ~そんなことはどうでも良い。

玉代勢さんのエアロ60はコリオの相性も良いし、何となく落ち着くので久し振りでも楽に受けられる。

昨日のメンバーは20名弱かな?

比較的広いスペースで踊れるので休日のレッスンとしてはなかなか好きだ。

コリオはどれも初めてのような気がする。

なかなか足が合わない箇所もあったが、私の脳の中ではそこそこできたうちだろう。

途中面替えがあったが、これも基本をマスターしておけばそう難しい面替えでもない。

だが、ステップ中心の今日はメンバー皆がバラバラに動いている。

えっ?

前衛の方も微妙にタイミングがずれている。

??

玉代勢インストラクターに合わせても周囲は微妙にずれている?

えっ?

どれが本物?

という感じだ。

背面になっても皆それぞれが微妙にずれている。

えっ?

となると自分を信じるということでセルフエアロに切替、自分のカウントで踊った

それが正しいか?間違っているか?

インストラクターの玉代勢さん自体のタイミングも疑い始めたので、仕方がなかった。

それがこのレッスンの良いところと言っても過言ではなかろう。

面白かった。

さて、レッスン開始数分前に周囲の奥様方と話すのだが、今日は世代の曲について話した。

「春」と言えば何の曲を思い出すか?だ。

驚いたことに「柏原芳恵の春なのに」と答えた方が居た。

ビンゴだ。

世代同じね!

だが、今まで「春」というキーワードで「春なのに」を答えた方に出逢ったことが無い。

♪春なのに~お別れですか?

♪記念にくださいボタンを一つ。。。

私にとっては思い出の曲「春なのに。。。。」

お次は「時代を一緒に生きてきたアイドル」は誰か?の問いに

城みちる?と答えた方が居た。

うむ?知ってはいるが、時代が違う

恐らく、イルカに乗った少年?

その瞬間で先輩と知った。

エクササイズの時の女性は若く見えるので、自分より年下?と思う時もあるが、実際は違うのかもしれない。

その方はそういう世代に見えないが、実際はそうなのだろう。

世代間でいろいろあるが、「西城秀樹」で一番に思い出す歌?

これを「南十字星」か?「悲しみのSTILL」と答えてくれる方が居るだろうか?

多分居ないだろう。

居たとしたら、何となく親近感が生まれる。

その時代の歌とは「同じ時代を生きてきた」という意味で重要な意味を持つ。

奥が深いなあ~。

では、また!

 - エクササイズ