気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

ADHDの見えない悩み

      2018/04/06

生きていると「点」と「点」が繋がって一本の線になることがよくある

即ち、疑問が吹っ切れる瞬間だ。

先日、何気なくラジオを聞いていると近年ADHDが大人でも証明された?というニュースがあった。

ADHD?

知っている人は知っているが、知らない人は当然何の事だかわからない。

これは一言で言えば、脳に起こる障害の一種になる。

詳しく知りたい人はADHDとググればすぐにわかる。

私の場合、身近な人に昔から首を傾げる行動ばかりする人がいた。

えっ!なぜ?

そういう人だ。

多分、そんな人は周囲を見渡せば恐らく1人くらいはいるのが今の時代になる。

例えば、落ち着きが無い人、物事を順番通りにできない人、時間に極端にルーズな人などが代表的だが、それ以外にも症状は沢山ある。

だからといってADHDか?というとそうでない場合もある。

しかし、極めて近いかもしれない。

実はそれで悩んでいる人も沢山いて、打ち明けられない悩みになっているのも事実だ。

何回も「時間通りきて!」と言っているのにも関わらず、絶対に遅れてくる人なんかは、注意する人を怒らせてしまう?

しかし、本人は遅れないように努力しているが、どうしても時間通りに来れないのだ。

つまり、あらゆることが計画通りに進められないということがこの病気の特徴でもある。

さらに人間関係でいうとADHDの人は「気遣い」という概念が抜け落ちてしまっているみたいだ。

だから、徐々に人から敬遠されてしまう。

これらは全て子供だったら許されることだ。

しかし、大人だから病気とするしかない。

腹立たしいことばかりするし、奇行ばかりしているが、病気であればそれも許されるということになるだろう。

スポンサーリンク


ADHDの種類

本題はここからだ

自らそれを自覚している人であればまだ手を差し伸べたくなる。

だが、そうじゃない人が私の周囲にいるから大変なのだ。

マイペースで変わったことばかりするが、自分には落ち度がないと言い張っているし、あらゆる不幸を他人のせいにする。

そうなると人がどんどん離れていってしまうのは当然だが、それに気が付いていない。

なぜ、自分が孤立しているのか?

孤立している自分は不幸だとか、周囲がモンスターのように激しく怒鳴ってくるらしい。

それに愚痴を言っているが、話を聞いみると明らかに本人が悪い。

しかし、私には親戚だから無視もできない。

「病院に行けば」とも言えないし、このまま行けば、どういう人生を歩むのだろう?と心配になってしまう。

最近は鬱も絡んで奇行と思えるくらいの行動もする。

難しい問題だか、本人が自覚し、治そうとしなければ、このままでは負のスパイラルに入ってしまうだけだ。

助けてあげたいが、やはり自覚してもらうのが一番なのかもしれない。

それが今の悩みだな

 - 独り言