気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

明日退院

      2018/09/27

ここまで来たらほとんど普通食に近い。

だから、しっかり噛みしめて食べている。

通常の2倍の時間をかけてのんびり食べる食事もまた格別にうまい!

サラリーマンのように戦場で働いていないので、これからも食事には充分時間をかけて味わいながら食べることにする。

それが私の最大の予防策だ。

スポンサーリンク


改善レクチャー

午後からは栄養士がきて、近くのミーティングルームを借りて今後の食生活を30分程度レクチャーしてくれた。

やはり、レクチャーを受けた方が断然良いと実感した。

なぜか?

食物のことを本人がほとんど知らないからだ。

つまり、今回の入院騒動との因果関係がどんな食べ物にあったか?

どうすれば、イレウスということを引き起こすか?

など、イレウスに関するプロセスについても全くの無知であったからだ。

そう、誤った知識で過信していたということになる。

これはある意味怖いことだ。

だからと言って、私に食べ物の制限はない。

何でも食べて良いのだが、基本は良く咀嚼しなければならないということである。

どちらにしても歳を取ると内臓のためにも良く咀嚼して食べることが良いことだし、食を楽しむことも良いことだと思う。

請求がきた

合計11日間の入院生活だったが、苦しかった半面、再認識できたという大きな効果もあった。

おまけに命の洗濯もできた。

何でも看護師さんがやってくれて、食事も運ばれてくる。

終盤は至れり尽くせりだ。

コンビニで好きなものも買える。

そんな11日間の入院費用が気になるところだが。。。。

夕方経理の人が請求書を持ってきた。

それがたった94,534円(税込)

安い!一泊3食付き、さらに介護付きの医療機器使い放題!

若い看護師とおしゃべりし放題?(笑)

で1日1万以下???

安すぎる!

なぜか?

これは事前に「健康保険限度額適用認定書」というものを申請しておいたからだ。

私は社会保険だったので、役所とは郵送扱いになる。

国民健康保険の場合は最寄りの役所に申請すれば直ぐ発行してくれる。

そう、これは高額医療制度というもので保険適用の場合の医療は9万以上にはならないという国が示したガイドラインがある。

ありがたい恩恵だ。

これも国民皆保険制度のメリットになる。

この制度が無ければ恐らく30万くらいで生命保険の入院給付金などで相殺して、手出しが15万くらいというところだろう。

そういう意味でも我々は保険制度で守られている。

だからこそ、これからの高齢化社会が恐怖であり、こんな恩恵を受けていたら医療費がパンクするのは当たり前になる。

ちなみに私の生命保険の入院給付金が1日目から1万でるので、11万になる。

差し引きプラスになってしまう。

久し振りに生命保険の恩恵を受けた気がする(笑)

でも、無事退院できてよかった。

では、また!

 - 病気