気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

大きな前進

   

イレウス管がようやく外れた!

これは大きな前進だ!

今日、主治医の指示通りに16時に内視鏡室に入った。

数名のスタッフ、医師が準備しており、その中に主治医が居た。

私が想像していたよりかなり大掛かりな検査みたいだ。

私は可動式のベットに寝せられ、その場所で開始を待った。

主治医はベテラン医師の指示のものと造影剤をイレウス管に入れ何やらモニターを見ながらベテラン医師と話している。

その会話1つ1つが気になるものだ。

恐らくペットボトル一本くらいの造影剤だろうか?管を伝って私の中に入っていく冷たい液体を感じていた。

小腸に次々に送り込まれ、お腹がゴロゴロと動き始めた瞬間、私は確信した!

俺は正常に戻っていると・・・

その検査は30分くらいだっただろうか?

結局、ベテラン医師の説明の下、大腸にその造影剤がレントゲンで投影されたらイレウス管を抜くということになった。

18時?

私はショックだった。

しかし、2時間?それが早いか?遅いか?の違いだけで今日抜かれることを確信していた。

実は検査前まで内心どうなるか?不安に思っていたところもあったのだが、お腹の状態を感じた瞬間に確信を持てたので大きな動揺はなかった。

結局、全ての検査を合格して、19時頃に主治医が病床まで来て頂き、そこで抜くという処置をしたということになる。

イレウス管を入れる時も痛かったが、これは抜くときも痛かった。

だが、それが抜けた今、何よりの幸せを感じている。

これは私にとって大きな前進だ。

主治医から水分の補給の許可も出た。

早速、ポカリスエットを売店に買いに行き、一口一口味わって飲んでいる。

水やポカリスエットがこれほどまでに美味しいと感じたのは30年前の手術の後以来だろう。

今は何でも無いことがありがたく思える。

今日はぐっすり眠れるだろう。

では、また!

 - 独り言