気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

私の週末

   

基本いろいろ考えながら行動するということは良いことだ。

脳トレにも良い。

だから、週末はデスクでの仕事や趣味を少し休んでエアロで身体の細胞を呼び起こす。

これが私の健康法だ。

もっぱら週末エクササイズはモモカさんのエアロと玉さんのエアロを受けている。

やっぱり慣れたエアロの方が良いし、メンバーさんとも話せるので、気分がリフレッシュできるということがある。

ストイックにレッスンを受けるのも良いが、実は奥様達の会話もビジネスの情報源になっているのだ。

土曜日のレッスンではメンバーさんからたい焼きを頂いた。

何やら天神の行列の中から買ってきて頂いたみたいで感激してしまった。

このたい焼きには小倉あんと芋あんがあるらしいが、頂いたのは芋あんみたいだ。

これが焼き芋とたい焼きのコラボレーションで皮はパリパリ、中はジューシーといった感じのものだ。

これが普通のたい焼きっぽく無い上に焼き芋の甘さが格段に美味しかった。

この絶妙な甘さは小倉あんを超える?と思うくらいだったように思う。

確かにこれは行列ができるだろう。

この何でもない会話の中にもビジネスで役立つことがいくつかある。

これが購買欲だ。

つまり、売り方のルーツになるということになるだろう。

スポンサーリンク


モモカレッスン

土曜日は生憎の雨?

私は不運にもウエットシューズを履いてこなかったので、かなりのウェット感の中でレッスンを受けた。

案の定、滑りまくりだった。

俺だけ?

かなと思いきや、周囲のメンバーさんもまるでスケートをしているかの如く、フロアーを滑っていた。

レッスンであれだけ滑ったのは久し振りだが、「なぜ?」と考えた時に思いつくのが「男率」だと思った。

レッスンはじめは前に行われているレッスンのグループファイトの余韻もあり、ガッツリウェットな空気感を漂わせているが、直ぐに除湿機能でそれも吹っ飛んでいる。

しかし、モモカさんのレッスンが始まって、1ブロック中盤で急激にウェット感を感じる。

これは恐らくメンズシャワーだろう。

男が多いと熱気も格段に増える。

除湿が追い付かないということになるが、そうじゃなかった。

エアコンを良くみてみると、容量が小さい。

通常、エアコンは2ランク上の消費電力を付けると効きが良くなるが、それが合って無いみたいだ。

当然だが、除湿が追い付かないということになる。

こりゃあ~ダメだ。踊れない(笑)

これで雨の日はウェットシューズ確定だな。

玉さんのエアロはグリップが良く効く。

なぜだ?

女性が多い?

多分、これだろう。

そして、レッスンはちょっと長めのブロックで3ブロック?だったかな?

なかなかアクティブで楽しかった。

最初はぼてぼてで頭のプロセッサが飽和状態で、気持ち的に「これじゃあ~やばい!」

と何度も頭を過ぎった。

背面で足が合わない。

何となく今日も惨敗か?と撃沈モード。

そう思っていたが、終盤になると何となくできるようになったきたからこれ不思議。

血の循環が良くなったせいで適切な酸素が脳に供給されるようになったみたいだ(笑)

しかし、完全ではない。

最後の流しでは既に1、2ブロックを忘れ、あたふた。

何とか食らいついて、最終流しまでに何とか追いついたみたいだ。

まだまだ課題は山積だろう。

慣れたエアロだが、背面攻勢と組み換えになると、やはりあたふたしてしまい、冷静さが無くなる。

「落ち着け!」

と自分に言い聞かせながらやっている。

だから、毎回、時すでに遅し。。ということになる。

これの繰り返しじゃ~。。ダメだ。

エアロ50.5くらいあったら良いが、60はまだまだ私には難しいものだ。

続、専門店を作る

さて、昨年から自分の趣味と実益の一環でやっているパソコンの部品集めを専門店化する計画も、なかなか形になってきた。

古物商の免許まで取得し、クレジットカード決済導入、そして専用パッケージと計画は少しずつではあるが、前進している。

何事もやる時はとことんだな

海外からの輸入も滞りなく進んでいるが、やはりなかなかスムーズにいかない。

だから、驚かせられることが多々ある。

中国人との取引では流石、頼んだ商品と違うものを平気で送ってくることに驚いた(笑)

「これ違うよ!」と言えば、直ぐに対応してくれるので、問題はないが、そうなると逆に商品自体のクオリティが心配になる。

部品は全てこちらで動作チェックしているので、今のところ問題はないが、返品なんかになると船便は結構面倒だ。

私は東芝製品を主に扱っているが、海外のバイヤーは意外と適当なところが多い。

明らかに適合しないものでも「適合」すると言うし、それで言い争っても意志の疎通が図れない。

これが一番困るので、そうなったらさっさと諦めることが重要だ。

深追いしても時間の無駄だ。

海外サイトで「あった!」と思って問合せみると、言っていることの意味がわかないこともある。

ここはダメだ。

これも深追いは禁物になる。

在庫があるのか?ないのか?すらわからないという時もある。

しかし、そうは言うものの、中国の方はやはり賢いし、ビジネスを良く知っているという感じがする。

つまり、彼らは根っからの商売人だ。

そこは日本人が見習わなければならないし、中国の方はビジネスに関しても貪欲という感じがする。

東芝の部品はほとんどが中国で生産されいるものが多いが、時にはヨーロッパなどから仕入れたりもする。

ユーロで払うので、その近辺だろうが、反対にそこのバイヤーは意外とドライだ。

何となくビジネスマンという感じだろうか?意外と冷たい。

だから、価格交渉がし辛いというのもあり、最近は中国からが断然多くなった。

今の時代、ネットで注文し、支払いはPaypalで可能になった。

だから、海外輸入はそんなに難しいことではないし、Paypalでの支払いは180日間保険が効く。

ものが届かない時は申請すれば、代金が返金されるという仕組みもあるので、思いっきりできるということもある。

しかし、落とし穴も沢山あるので、やはり極端に安いものには手を出さないことだ。

海外仕入れはやはり「人の価値観」も大きな影響があるから注意しなければならない。

私が「こりゃあ~中古だろう」と思っても、彼らは「新品だよ」というケースも沢山あるということを忘れてはいけない。

国内で売られていないものを探すということが今の時代は難しくなってきたが、だからこそ、「ショップを専門店化」していくということはこれからの店舗で重要になるだろう

世の中では量販店だけが売れているのではなく、まだまだ商店に通う人も沢山いる。

ものの流れは勝手に自分で判断しては行けないということになるのだろう

貪欲にやれば道は開かれるだな(笑)

では、また!

 - エクササイズ, ビジネス