気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

自分の店舗を育てる

   

10月から試験運転している私のインターネットショップは今日現在までに40件の注文を受けている。

なかなかの出だしではあるが、その反面、苦労も沢山ある。

新品バルク部品を海外から調達し、独自の検査ラインを作って、検査後販売しているため、非常に手が掛かっている。

これをどうにか改善しなければならない。

当面は50代からのサブ事業として考えているので、今のところ仕入れから販売、出荷までを改善点を考えながら1人でやっている。

海外の業者とは全て英語でやり取りなので、これも苦労する一つでもある。

時々、フランス人の知り合いにお願いして、アドバイスをもらっているが、そうちょくちょくも聞けない。

問題は商品が届いても不良品などがある場合があり、その処理も海外とのやり取りは非常に面倒だ。

2回くらいあったかな?

何から何まで国内の仕入れとは全く違うので、いかに効率良く回すか?まだまだ勉強しなければならない。

テクノロジーが進化しても、やはり海外とのやり取りはなかなか慣れないものだ。

幸いにも送金はPaypalを使えば簡単に円をドル換算で送金も可能だし、180日間の保険も適用できる。

今の私にはかなり助かる。

苦労話ばかりだが、自分が見込んだ商品が潤沢に売れていくと、その苦労も喜びに代わるものだ。

最近は追加の仕入れをしなければならなくなり、仕事の片手間だったことが意外と時間を要するようになってしまった

スポンサーリンク


店舗を育てる

さて、仕入れも重要だが、店舗を育てていくのもまた重要である。

今のところ、私が取り扱っている部品は私の店舗でしか売っていないらしいので、強気ということもある。

しかし、やはりこれは購入者の立場になって考えなければならない。

決済方法も現在は「銀行振込」だけだが、先日クレジットカード決済を既に申請済だ。

将来的には楽天payやアマゾンpayなども取り込んでいかなければならないだろう。

代引きも佐川急便に申請中でそのニーズもあると思う。

どういうユーザーをターゲットにしていくか?

そこは分析しながら進めていくことが近道だと思う。

ある程度の仕組みを作って「選べる」状態にしておくことが今の時代のショップオーナーだ。

ここを軽く見ていれば、結局はそれがそのまま返ってくることになる。

フィードバックとフィードフォワードの繰り返して店舗は育っていくものだろう。

そして法令も準じて行かなければならない。

先日注文した古物商のプレートが漸く届いた。

これで3500円くらい?

中央署の管理官の説明ではこれを事務所の見える位置に置いておかなければならないらしい。

ネットショップであろうが、実店舗であろうが?関係ないことみたいだ。

中古品や再生品などはもちろんだが、私が扱っている新品バルク品もこの許可証がいるようなことを言われたので、すぐさま申請して取りにいった。

とりあえず、グレーなところは白に変えて気持ちよく営業をしたいと言うのが私の考えなので、必要なものは全て経費と思って準備している。

小型部品用のプチプチ封筒やキーボード用の専用段ボールなど、商品が届いた時に気持ちよく開封できるような仕組みも必要だと思う。

これはクリックポスト用の封筒になる

これは長細い段ボールでバルクキーボード専用の箱だ。

将来はショップ名入りの段ボールやオリジナル関連商品などができれば良いが、ストーリー通りに行けば?の話でまだまだ茨の道だろう。

今はどんなショップでしていくか?

これを常に考えている。

まあ~。。店舗を育てていく?とでも言おうか?

小さいことに拘っていても前に進まないので、とりあえず、我武者羅にするのが今のところ私の成功法も1つでもあるのだろう。

では、また!

 - ビジネス