気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

エアロ60を受けた

   

今日は西新の玉代勢エアロを休んで大橋のワタルさんの代行エアロにいった。

なぜか?

ワタルさんの熱狂的なファン?

ではなく、義母が施設から緊急入院し、九州中央病院(ルネ大橋から歩いて10分)で家内と交代見守りをしているからだ。

どうして、完全看護の病院で見守りをしなければならないか?

それは義母は認知症だからだ。

基本的に認知症患者は完全看護の対象にならない。

多少病院に依存するところがあるが、ほとんどの入院病棟では認知症患者は家族もしくは看護師以外の専任者が対応することになっている。

どこの病院でも認知症患者を看護師は面倒みれない。

やはり、家族や介護士しか無理みたいだ。

なぜなら認知症患者は自分が入院してることさえ忘れてしまい、点滴のチューブがなぜ?自分にされているか認識できないため、チューブを引きちぎってしまうのだ。

つまり、なぜ?こんなものが、手についているか?なぜ、自分はここにいるか?

それすら解らなくなり、説明しても、毎回直ぐに忘れてしまうということになる。

まだ、九州中央病院は良い方で無理言って夜中はナースステーションに任せられる。

他の病院であれば恐らく難しいかもしれない。

幸いにも、九州中央病院は全て個室病棟になっているので、周囲を気にしなくて済む。

認知症患者は暫くすると、子供のように騒ぎ出すからだ。

だから個室はありがたいか、まだまだ安心はできない。

突然、帰るなどと騒ぎだせば夜中でもいかなければならないため、入院中は何とも気が抜けない。

そう考えると、老人介護施設はありがたい。

そんな毎日を過ごしているため、エアロもなかなかいけなくなってきた。

今日は幸いも大橋でワタルさんのエアロが代行であったため、ちょっと見守りを家内に任せてエアロを受けにいったというわけだ。

スポンサーリンク


ワタルエアロ

今回の代行は先月宮田さんの代行で西新に入った時のコリオと同じと思い、半ば余裕で受けに行った。

エアロ60だが、恐らく難易度を落とし、運動量を上げるというのがワタルさんのエアロなので、今回もそう予測してルネサンスへ行った。

私のエアロはあくまでもスカッと感なので、難易度はそこそこで良い。

それより、ガンガン繰り返してたっぷり脂肪燃焼できればそれで満足だ。

ワタルさんのエアロはその繰り返してが長いので好きだ。

さて、フロッグと言えばは全てオニューのような気がするが、何となく部分的なコリオは多少同じものを使ってたみたいに思った。

今回は3ブロックのノーマルバターンと組み換えのブーメランでこれをたっぷり繰り返して終わった。

だから、毎度ながらガッツリ汗をかくことができた。

やっばぁ~、代行ワタルエアロ60は面白い。

おまけに人が少なかったため、目立たないようにガッツリ踊った。

ひと時の休息エアロだったが、久し振りにスカッと感を味わえて楽しかった。

認知症は物凄く厄介な病気だけど、付き合っていくほかないのだろう。

では、また

 - エクササイズ