気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

フリー契約

   

やはり、師も走しるくらい忙しい月なのだろう?

慌ただしく過ぎて行くこの師走の空気感?

私はあまり好きではない。

サラリーマン時代、最も嫌なシーズンだったからだ。

仕事をしながら挨拶周り?

しかも、車は渋滞!さらに超渋滞ときたもんだからいらいら?

特に変な箇所で渋滞している事が驚いてしまう。

どの営業さんもクオータ決算なのでこの時期走り回っているが、今の時代、営業も可愛そうになる

働き方改革やらで、かなり勤務時間が苦しめられている一方で売り上げを上げなければならない。

賢くやっている奴はキチンと売上を上げているが、どん臭い人は消耗ばかりして、ハムスター同様に同じところで車輪をぐるぐる回している。

どちらにしても精神的なプレッシャーは大変だろう。

今の時代は数字が悪ければ、直ぐにメスが入り、再編される。

特に大手になればなるほど、早めの対応をしなければ株価が落ちてしますからナーバスになっている

とにかく大手企業は何をするにも決断が速い時代になったみたいだ。

スポンサーリンク


ルネサンス西新の事情

さて、そんな中、西新でも大量離職者がでたみたいだ。

スタッフが大量に退職し、フリー契約になる。

その中に何とあの日吉さんや秋永さんも居た。

なぜ?

これはスポーツクラブが抱える大きな問題があるからだろう。

ルネサンスは業績も良いし、株価も悪くない。

優良企業だ

しかし、人口減少の中、会員価格が低下し、これからどう生き残って行くか?

これを模索しているところだろう。

特にここ九州は激戦区になる。

2020年まではオリンピック景気もあり、フィットネス業界は首都圏近郊は経営的に安定するが、それ過ぎてしまえばとたんに冷え込むと思う。

そう考えた場合、早めにスポーツクラブも経営改革をせざる得ない。

つまり軽費の引き締めと会員の選別になる。

それは人権費の見直しを図り、儲かる会員を徐々に獲得していくことだ。

時々、来館して、フェザーにエクササイズを味わうユーザーを積極的に獲得していくになるのだろう。

ガッツリ系のヘビーユーザーはお断りということだ。

西新の件はそれが理由ではないが、それも少しは入っているはずだと思う。

フィットネス業界はこれからかなり厳しい競争にさらされていくことは必至だし、人口減少が加速する中、どう生き残っていくか?

これが最大の課題にもなる。

そうするとさらにインストラクターの締め付けが始まるので、各インストラクターはスポーツクラブに依存しないスタイルで生きていかなければならないのだろう。

ただ、賢い日吉さんや秋永さんはちゃんと考えているみたいだから驚いた。

流石だ。

どちらにしても自分の生きる道を探していくのはいつの時代でも変わらないし、若い頃は保守的に生きない方が良い

ある程度、チャレンジしながら生きていく方が良いし、50のおっさん私でも未だチャレンジャーな人生になっているから笑ってしまう。

いつ死ぬか?分らない今の時代なので、やりたいことをやった方が良いと思うね。

では、また!

 - 独り言