気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

ルネサンスが勧めるdeepWORK®というのはこんなのかな?

      2018/01/24

現在、ルネサンス全店で勧めているインナーマッスル系エクササイズdeepWORK®は何なのか?

先日私も受けましたので、それも交えてリサーチした範囲で紹介しておきます。

今回、初めてdeepWORK®を受けたのですが、私にとっての魅力は何と言っても面白く無いレッスンだったことです。

一般的にスポーツジムのレッスンを楽しく受けると言うのことが良いことと言われていますが、考え方によってはそれが長続きしない要素となっていることもあります。

本来レッスンとは「目的」を持って臨むことが重要とされ、「効果」がでて初めてその実感を味わえるのです。

ストレス発散!

で参加する有酸素運動のエアロビクスやグループファイトなどは若干異なった意味合いを持ちます

これらは単にその場を楽しむだけの身体に良いとされているスポーツであり、その「効果」が何であるか?

それを具体的に説明をするのは恐らく難しいと思います。

もちろん、本格的なエアロビクスやボクササイズなどを受けるのであれば、どこにどんな「効果」があるかを説明することができますが、「楽しむ」スポーツクラブなどで難しいでしょう。

しかし、歳を追うごとに弱っていく筋力を取り戻すという目的から考えるとエクササイズは面白いだけでは無く、できる限り面白く無いレッスンにも参加するようにした方が良いと思います。

それは「効果」が期待できるからです。

特にアディダスジムランなどはその典型的なものでしょうか?

とにかく、あのレッスンは面白く無いです。

何回も同じことを繰り返し行うことの辛さ、これが私の言う本当のレッスンだと思っています。

そういうレッスンは絶対に1人ではくもくということが辛いものです。

私の場合、面白く無いレッスンを何とか「目的」を持って受けてきたおかげで下半身の筋力がこの49歳にして復元しつつあり、階段の上り下りや「歩く」という動作が全く苦にならないようになりました。

今では2,3駅くらいの距離は時間が許す限り歩いています。

昔の自分では考えられません。

さて、どうしてもアディダスジムランと比較していまうこのdeepWORK®ですが、1回受けただけでその良さを感じました。

とにかく、「どうしてこんなことしないといけないの?」という変な動作ばかりさせるからです。

この面白く無さが徐々に効果を発揮してくるとそこで確信しました。

まずは映像をじっくり見てください。

ルネサンス公式YOUTUBEサイト deepWORK®

スポンサーリンク


ウォーミングアップ

実際のレッスンと言うと、先にも説明したチャイルドポーズ?から始まります。

絵で描くとこんな感じのものです。

これがウォーミングアップの時にするポーズになりますが、いろいろなシーンで良く出てきます。

ディープワークは手を抜く場所がそんなにないので、自分なりに呼吸を整える場所を作って行かなければなりません。

それだけ過酷なレッスンと言っても良いですが、自分でコントロールできますので、特に緊張する必要もありません。

こういうポーズも出てきます。

とにかく筋力を要求してきますので、慣れないうちはあまり無理をしない方が良いです。

初めて受けた後の筋肉痛が怖いですね(笑)

下記のようにVポーズみたいなものから、ランニング動作をさせられたりなどいろいろあります。

これが本気ですれば意外ときつい動作です。

(参考URL)

こんな感じでウォーミングアップはそんなに大したことがないのですが、ディープワークの場合は下記のように心拍数が急激に上がってきます。

フェーズ4くらいから、ちょっと呼吸が乱れてきます。

フェーズ5ぐらいでは徐々に「どこで手を抜くか?」を考えだします(笑)

最大の難所はメンタル的要素があるのではないでしょうか?

つまり、ジムランでは1ブロック終了の合図で残りカウントを表現します。

例えば、「残り4カウント~」

「3」「2」「1」で終わると思いますが、このディープワークは「残り1分」という表現で終了を指示します。

「残り30秒」「残り15秒」・・・・

1分です。

きつさが限界に近い場合での1分は非常に長いです。

この長さはたまりません。

以前、ジムランを「残り16カウント!」と言ったトレーナーが居ましたが、それと同じくらい果てしなく長く感じます。

その状態で手を抜かないのがメンタル的要素と言っています。

フェーズ4

途中から一挙に心拍数が上がっていきます。

この辺で休憩が1回ありますが、呼吸を整える程度のものです。

軽めに水分を補給して、さらに繰り返しのレッスンに入ります。

下記に映像のリンクを貼っています。

ご覧いただくと解ると思いますが、1つ1つの動作はそんなに大したことありません。

しかし、連続で繰り返し行うと、結構ガッツリ身体に効いてきます。

残り1分!となると、それから何回できるか?

ここが非常にきつい試練の場だと思います。

(参考URL)

見る見る汗が頭からシャワーのように降ってきます。

ポタポタとマットの上に落ちますが、拭く余裕などありません。

もちろん、手を抜かないという前提で説明していますので、手を抜いている人にとっては大したことないでしょう。

フェーズ5

この前に1つ休憩があります。

計2回?

このあたりになると上半身の筋肉が張ってきます。

その状態で極限まで行きますので、胸筋、腕、肩などは非常い辛いです。

いろいろやるうちに私のレベルだと膝をついて休んでしまいます。

プッシュアップの腕力の限界点にも達するので、休憩を取りながら進んでいきます。

既にここで呼吸が乱れ、頭からは滝のように汗が出てきます。

(参考URL)

いろいろ説明しましたが、上記映像を見てもらうのが早いです。

とにかく、休憩2回を挟み、みっちり45分間行います。

この45分が長い!

とにかく、どのパートも残り1分繰り返しながら終了までいきますので、後半のフェースは非常に過酷なレッスンになります。

これは一度受けるとその効果が直ぐに分かるでしょう。

もう、2度と受けたくない?

また、受けたい。。という感じで気分的にはアディダスジムランとほぼ同じです。

ディープワークを受ける前にアディダスジムラン30にでて、また受けたいと思えば、ディープワークも受けたいと思うでしょう。

楽しいだけがレッスンではなく、時には極限まで自分を追い詰めてみる?

それも重要だと思います。

ルネサンス福岡地区このdeepWORK®をやっているのは下記店舗です。

ルネサンス西新(2017年5月現在)

水曜日 12:30~13:15
deepWORK45 菅藤千春

木曜日 21:35~22:25
deepWORK45 岡田航

ルネサンス大橋(2017年5月現在)

レッスン無し

ルネサンスイオンモールルクル(2017年5月現在)

レッスン無し

ルネサンス春日(2017年5月現在)

レッスン無し

ルネサンス香椎(2017年5月現在)

木曜日 21:00~21:45
deepWORK45 内野理美

レポート
ルネサンス香椎 内野さんのディープワークを受ける

 - エクササイズ