気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

Workout(トレーニング)の曲を自作する。継ぎ目のないノンストップの曲で自作トレーニングを楽しむ。

      2017/06/06

ワークアウトやエアロビクスは音楽も重要な要素になる。

クラブと同じで良い音楽に乗せて、身体を動かしたり、音楽を聴きながらランニング、ウォーキングなど、健康にも良いだ。

ダンスやコリオを楽しむのもエクササイズの醍醐味だが、良い音楽を楽しみながら踊る事も最高に楽しい。

最近は音楽もデジタルになり、簡単に自作のノンストップミュージックが作れようになった。

まさにDJ気分かな。

以前から自分の好きな曲だけをノンストップで繋げてエアロの音楽を作ってみようと思っていたが、時間があったので、やってみた。

2つの音楽を継ぎ目なく繋ぎ、速度を合わせていくのが若干苦労するが、160~180bpmで作ることができた。

このスピードじゃ~エアロマニア級だな(笑)

ランニングでもいい感じ。

スポンサーリンク


作り方

方法1としてはクロスフェード機能を使う。

だから、ソフトはクロスフェード機能があるものであれば簡単にできる。

クロスフェードとはそのまま訳して「重ねてフェードイン、フェードアウトする」機能のこと

ドラムなどの効果音を繋ぎで使うのもいいかな

カウントを合わせて繋げないと早くなったり遅くなったり船酔いするから注意が必要(笑)

今回はPowerDirectorを使って、ワークアウトの曲を作ってみた。

クロスフェード機能を使う方法

曲と曲をノンストップで繋ぐ。。

このクロスフェードが一番簡単。

スムーズに繋ぐのは意外と難しい。

スピードも合わせながらフェードしていく。

MP4でエンコードする。

曲と曲を重ねる方法

これはちょっと応用を効かせる。

クロスフェードでクオリティが悪い場合はこの方法を使えば良い。

若干時間を要するが出来上がりのクオリティはなかなか良い。

パワーディレクターはサウンド挿入の機能が2つあるので、両方を使って交互に継いでいく。

こんな感じで曲と曲をフェードアウトしながら繋いでいく。

前の曲はフェードアウトし、新たな曲はフェードインしていく。

聴きながら繋いでいくから若干面倒と言えば面倒だ。

終わるかなり前からリズムを合わせながら曲を切り替えていくなどして自然に曲が変わるようにするとより効果的。

ピッチコントロール(音楽の速度調整)もできるので、アップテンポをお好みであればそれで調整していくと良いです。

出来上がりサンプルを聴いてみてからチャレンジしてみてどうでしょうか?

 

 - エクササイズ