気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

土曜の夜はフェザータッチなファンキーエアロが面白い! 秋永エアロ50

   

今日はすっかり暖かくなった。

気分上々で私の週末エクササイズは大橋に引き続きルネサンス西新へと展開していく。

今日は日吉さんのエアロが代行でアッキーさんこと秋永インストラクターの代行エアロ50を受けに行った。

最近はインストラクターがどんどんデビューしていく。

ある意味、これからはイントラさんの競争も激化し、何をセールスポイントにしていくか?

ここが恐らく重要な要素になってくるだろう。

スポンサーリンク


今日のエアロ

西新、大橋、ルクルなどの各店舗へ行っている私はスタッフさんとも気軽に話す。

厚かましいおっさんだ。

メンバーさんとも仲良くなるといろいろ知らなかった情報も入ってくる。

何と秋永さんも追っかけが沢山いるみたいだ。

確かにねェ~。。

日吉さん共々、可愛いイントラさんは常にファンが居ると言っても良い。

むしろ、そんなの当たり前だ。

男性インストラクターの魚原大ちゃんも超人気者だからなあ~。

セントラルスポーツ時代はエアロの女性のイントラさんと言えばガッチリした筋肉質のイントラさんばかりだった。

ところがルネサンスに入ると普通の女の子?女性?という感じでちょっと違っていた。

2つのスポーツクラブを比較しても、ルネサンスにはそういうファンの文化がある。

男性インストラクターの宮田さんや平さんも女性ファンが多いが、平さんはセントラル時代レッスンを持っていても、メンバーさんたちに「ファン・ファン」した濃い方は居なかった。

確かにレッスン自体はレディース率が常に90%超えだったが、もともとレッスンは女性が主体だ。

そう考えてみるとルネサンスは「ファン」が支えてきた文化というものがあることに気づく。

だから今日のレッスンもメンズ率が50%を超えていたことは自ずとわかるだろう。

男・男した男まみれのスタジオはちょっとわきが臭がするくらいの男率。

男やねェ~。。という感じだ。

やっぱぁ~凄い

もちろん、私もその一員だが、あくまでもフェザータッチなファンキーエアロを求めているというテイストは変わりない。

それが可愛いイントラさんだろうが、超ブサイクなイントラさんであろうが、フェザータッチなファンキーエアロであれば受けに来る。

それが私のようなメンバーだ。

そこで気が付いたことがある。

いつも参加している人でこのレッスンに来てない人?が数名居た。

やっぱり彼らは日吉さんのファンだったのか?

あの人が?この人も?

ただのエアロ好きと思っていたあのおっさんも日吉さんファンだった(笑)

と自分の中でそうなってしまった。

秋永さんも日吉さんも細かく見れば若干違ったテイストだけど、同じフェザータッチでファンキーなエアロという意味であればどちらも同じだ。

それで参加・不参加?を決めるとなえればファンだろう。。

とメンバーさんたちとだべっていた。

あの人も?

と大笑いしていたことは想像つくだろう。

さて、今日のレッスンといえば土曜日のエアロメンバーからするとファンキータッチに進められた。

最初は健康体操かな?

というスローペースな滑り出しだったが、後半は左右に動くアクティブタッチなコリオに展開された。

毎回、「ブイ〜」とVステップを誘導する威勢の良い秋永さんの声だけがスタジオ中に響き渡り、アクティブボイスがさく裂していた。

2ブロックの最後の通しでは日吉さん同様になぜか?トラップを仕掛ける秋永さん。

これも日吉さんのDNAがガッツリ詰まったエアロだろう。

思わず私も苦笑い?

そこは集中力アップで何とかクリアした。

ある意味、俺も成長したと言えるだろう。

小娘二人に遊ばれているおっさんだったが、相手の先方を見抜くという意味でもこのエアロはなかなか楽しめる。

こういうファンキーなエアロが面白いから通うのかもしれない。

日吉さんでも、秋永さんでも、基本は同じフェザータッチなエアロだ。

恐らく秋永さんが定期レッスンを持っても日吉さん同様にメンズ率70%超えするだろう。

益々、フェザータッチなファンキーエアロが面白くなってきたような気がする。

では、また。

 - エクササイズ