気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

(概要)ルネサンス アディダス ジム ラン adidas gym&run「理想のヒップアップダイエット」

      2017/10/12

adidas ジム&ランで理想の体型を作り上げる

一言でこのレッスンの良さは?と聞かれたら

もちろん、短時間で効果的だから!と答えますね。

おもしろさ?と聞かれれば

特に感じ無いと答えるでしょう(笑)

ただ、下半身の筋肉をイジメたい人にとっては面白いかもしれません?(笑)

私は昔から走ることが大の苦手です。

しかし、これなら何となく走った気がするので大丈夫でした。

目的は足腰を鍛えることで参加したのですが、それにばっちり合っちゃいましたし、日頃使わない筋肉を使ったエクササイズなので、半年間通うと足腰が強くなった気がします。

このレッスンのサブタイトルで付けてあるように「走らなくても走れる脚をつくる

これなんです。

そんな都合の良いことはないと思いますが、意外とそうなっているかもしれません。

同じ場所で繰り返し、左右の足に負荷をかけ、大殿筋(※下記説明)をぴくぴく震わせながら、筋力を養っていくレッスンですから、ヒップラインを気にする女性にとても効果的と思います。

男性に比べ女性は脂肪率が高いこともあり、お尻に占める肉率も男性に比べ女性の方が多いからです。

hip2

女性はをとっていくに従って、脂肪がついている胸とお尻が重力で下がっていくことはご存知と思います。

いろいろなところで「美尻」などのテーマで特集が組まれたり、ジムで特別プランがあったりと、女性が気になる部位と言っても過言ではないでしょう。

先日テレビを見ていると同じようなテイストで番組が作られていました。

body1

モッチー尻ジムで美ボディ仕上げ?

番組の中のトレーナーのお尻はプリッと上がって意外と格好良かったですね。

トレーニングの内容も結構しんどそうでしたが、それを継続すれば効果があると思いました。

しかし、「継続」と簡単に言ってもそれはなかなかこれが難しいです。

かつて、ワークアウトと称して、いろいろなことにチャレンジした私ですが、結局自力では長続きしないという結論に至りました。

その点、ルネサンスの会員であれば、このアディダスジムランは無理なくできて、たった30分を週に数回受ければその効果を実感できます。

もちろん、通常のレッスンですので、行こう!と思えばいつでも行けますし、本人のやる気さえあれば継続も可能です。

これをすることで必ず理想のヒップアップ!に繋がりますし、後はオプションでワークアウトを取り入れていけばまだまだヒップアップできます。

私がサブタイトルを付けるならば「魅せるお尻を作ろう」と付けるでしょう。

徹底的に取り組み、ある程度軌道に乗った時点で他のエクササイズと併用するとさらに効果抜群です。

私は毎週のように受けていますが、その度にお尻の筋肉(大殿筋、中殿筋)などがキリキリと心地よい痛みがあります。

これが継続していくと意外と快感になってしまうので驚きです。

だから、最近は何となくお尻の筋肉が固くなったり、形が良くなったかな?と目的に対して楽しんで受けられるようになりました。

もっと筋肉をイジメてやろうとか?、頑張れ!耐えろとか?、バカのように楽しんでいます。

スポンサーリンク


お尻の筋肉

さて、先程も話題に出しましたが、歳をとっていくとお尻の筋肉がどうなっていくか?気になるところです。

ちょっと調べてみたので、説明します。

下の写真のように歳を取っていくにつれ、筋力が衰えと脂肪が重力に逆らえず、次第にお尻の形が変わってくることが分かると思います

不思議にここは本人が全く見えないところです。

手つかずの領域になってしまいがちですが、お尻は意外と人から見られる場所です。

ウーマンマイナビ
男性のホンネ。好きな女性のカラダの部位、第1位は○○!

例えばスーツ姿が凄く格好良い人が居ても、いざスポーツウェアに着替えてみるとお尻が大きくて短足?だったらがっかりしますよね(笑)

私の友人にもそういう人が居ますが、彼は大の運動嫌いです。

このアディダスジムランはそういう運動嫌いな人でも足腰を鍛えると同時にこのお尻の筋力も確実に鍛えてくれます。

30分のレッスンで休憩は一回か?二回くらい。

集中的に行うので、短時間で内容の濃いレッスンが受けられます。

忙しいビジネスマンやOLの方でも、それだけ受けて帰る方法も効果的ですし、何より無理がなく続けられると言うことが重要な要素になります。

私は40代後半、マッチョでもなければ、デブでもありません。

体力に自信があるという訳でもない、単にエクササイズを毎回頑張って受けているただの中年男性です。

極々普通の人間ですが、何となく歳を取っていくにつれて足腰の筋力が衰えてきたので、ダメ元でこのレッスンを受けたのがきっかけです。

歳だからしようがない?と言えばそうかもしれませんが、健康な身体はやはり足腰が丈夫でなければ実現しないでしょう。

足腰が不健康な人がアクティブな生活を維持できるか?

当然のことですが、非常に難しいと思います。

足腰の衰えは自身で改善していかなければならず、ほっといても良くなりません。

この時代、様々な運動器具や面白いレッスンなどが沢山あり、従来嫌だったトレーニングのようなものでも楽しみながらできるようになりました。

だからこそ、いろいろな考え方で少しずつ改善すれば必ず結果がでると言っても良いと思います。

私は「努力の延長線上に必ず成功」がある信じていますので、引き続き理想を追い求めて頑張って受けようと思っています。

何度も繰り返しますが、このadidas GYM&RUNは決して面白いレッスンではありません。

しかし、短時間で集中してでき、その上、達成感もひときわあることでは継続できるレッスンだと思っています。

さらに筋力の強化、同時にヒップラインの引き締め等が実現してくれるので、健康維持と体型維持の一石二鳥になるはずです。

ルネサンスではレッスンを15分、30分、45分に区切り、初心者や中級者向けに選べるようにしていますので、自信がない方は15分から、慣れたら30分、自分に厳しい方は45分とやってみると良いと思います。

是非、体験で入ってみてください。

必ず続ければ、足腰の筋力の改善、および魅せるお尻が実現すると思います。

どんなレッスンか?

では、どんなレッスンか?

ちょっとだけ私の写真入りで説明します。

レッスンは下記のようなランジという動作を繰り返し行い、徐々に左右の足に負荷をかけて行くことが中心になります。

ワンレッグスクワット(片足のスクワット)などや、片足に負荷をかけるものが多いです。

「おいおい!まだやんの?」

と思った時点で片方の大殿筋が悲鳴を上げてプルプル震えだす感じに気が付きます。

結局はそこで踏ん張って耐えるということの繰り返しです。

ランジ

ワンレッグスクワット

ジムラン30分の場合は5セットで1セットに左右のフロントランジを数十回繰り返します。

このフロントランジが休憩みたいな感じになり、次々と強度の高いものに変わり、次第に手を抜くところが無いようになってきます。

重心は片足なので、お尻の大殿筋をガンガン刺激します。

しゃがんで立ち上がる極々簡単なものの繰り返しですが、これがガッツリ足にきます。

それが終われば、ランニングポーズのような感じで片足に負荷をかけていきます。

バランス感覚とそれを維持する筋力が必要になります。

何でもないような感じですが、ランジやワンレッグスクワットなどを数十回、いや百回近くするとこの単純な動作がもの凄く片足の負荷になり、お尻がきりきり悲鳴を上げてきます。

とにかく、片足にかなりの荷重をかけ、膝がプルプルなるまで負荷をかけ続けますので、黙っていても鍛えられます。

それを繰り返す毎に下記の筋肉が刺激され、次第にお尻にプリッと感が戻ってくるというエクササイズです。

たった30分だから続けられると言っても過言ではありません。

leg

継続は力なり

・・と言いますが、そこにジムランがあるから、それを受けるという感じでも継続はできると思います。

先ほども述べたようにレッスンは15分、30分、45分選べるので、気分次第でいろいろ受けてみると面白いです。

確かに面白いレッスンではありませんが、1人で器具を使って黙々とするより全然面白いですよ。

BGM

音楽はモチベーションを上げるためにも重要な要素です。

アディダスジム&ランのBGMは決まったものがありません。

トレーナーによりエアロの音楽やダンス音楽、洋楽、ポップスなどを使っているみたいです。

音楽の速さは135bpmくらいが丁度良いと言われています。

ルネサンス福岡大橋で使われていたBGMはエアロビクスで使われるCD(135bpm)を使っています。

参考までにこれです。
http://www.energy4fitness.it/e4f/index.cfm?contenuto=22&catal=EFF&code=425-2

私が好きなのは11曲目のTAKE ME TO CHURCHです。

ジムラン!良いです!最高です!

では、また!

参考

Adidas GYM&RUNに関する記事
http://dynabook.biz/blog/tag/adidas-gymrun/

全身版アディダスジムラン(deepWORK(R))
ルネサンスが勧めるdeepWORK®とは

 - エクササイズ ,