気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

詐欺も発想の転換で新しい仕組みを作り出す。スパム電話

      2016/11/27

lgf01a201308280900

連日海外からのスパムメール。

国内でも最近は増えているが、如何せんこの手法は手の内がわれば意外と騙される人が少なくなるもんだ。

本当はお年寄りが騙され易いが、メールをしないため、この詐欺の手法では成り立たっていない。

アダルトスパムも同じだし、ワンクリック詐欺だってパソコンやスマホユーザー対象になっている。

騙されやすい人はパソコンやネットを使わない人が多いため、ここに思い通りに進まない理由がある。

そんな状況下で国内の詐欺集団もいろいろ考えているみたいだ。

だから今度はスパム電話だ。

オートダイヤル技術が発達し、無作為に電話をかけて自動音声を流す仕組みは低コストで導入できる。

それに自動音声の仕組みを加えればたちまちスパム電話の仕組みが出来上がってしまう。

スポンサーリンク


スパム電話

つまりこうだ。

パソコンで無作為に電話をかけまくる仕組みを作り、該当の人が電話に出れば自動音声が流れる。

音声応答は何でも良い。例えば何かのコミュニティ会員だとして、継続利用料が振り込まていないようなアナウンスが流れるとしよう。

継続利用の為、引き続き利用する場合は「1」、退会したい方は「2」、身に覚えがない方は「3」という自動音声を作っておき、どれを選んでも同じオペレーターに繋がるという仕組みを作る。

あとは言葉巧みに恐怖を植え付けるようなストーリーで支払いを強要すればよいだけだ。

そこでかかればカモリストに入り、繰り返し騙されるという仕組みになる

考えられているが、昔の手法の現代版だ。

ほとんどの人は固定電話時代にこういうスパム電話を経験していると思うが、今回の特徴は「携帯電話」になる。

昔の固定電話などは電話番号が機器に残らないし、携帯電話のように一目でわかるようにできていない。

そこがねらい目ということになる。

そう、昔のワンギリになるが、テクノロジーの進化で昔のように人を使って電話を掛けるということをしなくて良いようになった。

全てオートメーションだ。

これがスパムメールに変わるスパム電話になる。

1%引っかかってくれれば良い。

時代の流れで詐欺集団もベンチャー企業と同じ道を歩んでいることになる。

つまり、これがダメなら次がある。

市場が成熟する前に次のことに挑戦していく。

これがベンチャースピリットである。

そう考えると、騙されないように注意しなければならないというのはどの専門家にも言えることだろう。

では、また!

 - コラム