気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

日曜の朝はゆっくり散歩

      2017/08/14

今日は朝6時に起きてマフィンと出来立てのコーヒーを飲んで選挙に行った。

一票の重みを知っているから気合充分だ。

今回の選挙は自分の中でも違う。

だからと言ってどの党を押しているという訳でもない。

利権大国日本を少しでも良くしてくれる時代を願うからだ。

そして、若年層に冷たい今の政治を変えてくれたらそれだけで良いと思っている。

そして投票が終わるとまだ早かったので散歩がてら高宮までテクテクと歩いた。

たまにはそういう気分で歩くのも良い。

流石に日曜の7時過ぎとなれば人が少ない。

風は若干生ぬるいが、セミの鳴き声を聞きながら歩くとちょっと子供の頃のラジオ体操を思い出す。

裏通りをゆっくり歩くというのは実に気持ちが良いし、何よりゆっくりした気分でいろいろ考え事もできる

高宮付近でコーヒーでも飲もうと思い、以前から行きたかった喫茶店に行ったが、まだ開いていなかった(笑)

確かに日曜日だから仕方ないな

ハニー珈琲:10:00~19:00

pro1

そして、その近辺に最近できたキッズプログラミングのAkky先生のプログラミング教室?があった。

子供にプログラミングの感覚を養成するものだ。

最近こういう教室が目に着く。

これは国策にもなっているからだ。

今は3K職場となっているIT業界でなので、今後20年を考えると確実に技術者が減っていく。

今のうちから養成しておかなければ大問題になってしまうだろう。

pro

私もIT業界に約25年居るが、昔と比べると大きく変わった。

昔はそんなにテクノロジーの進化が速くなかったので、システムを設計、制作する側はとても優遇されていたと思う。

私なんかでも22歳で就職した時は初任給22万で、残業や手当を含めると手取り30万くらいもらっていた。

それから寮費5000円(電気代込み)を給与から引かれ、食事代は食堂を使った分、さらに給与から引かれていた。

それでも手取りで25万くらいは毎月あり、車通勤だったので、会社と寮の往復のガソリン代くらいしか使わなかった?

いや、仕事が激務過ぎて使えなかったと言った方が良い。

たまに北九州の歓楽街で飲む他はほとんど使えなかったから、直ぐに何百万も溜まって行ったことを覚えている

ボーナスも2.5ヶ月分くらいでベースアップも早かった。

これをみても優遇されていた時代を生きてきたと言うのが分かると思う。

それが今ではどうだろうか?

3K?・・私は3Yと思う

」通し、給与が「安い」、「休め」ない、・・・の3Yだ。

テクノロジーの進化はその労働力を安くさせ、単価の下落を招いている。

もちろん、優秀な人はそれなりの待遇が保証され、高額な報酬を得られるだろうが、そうでない人は劣悪な状況である。

そういう業界だからこそ、今のうちに手をうっておかなければならないということも分かる。

このプログラミング教育と言うのが、これから10年後、20年後、どのように活かされていくか?

私には分からない。

ただ、プログラミング的思考と言うのはどの業界でも必要だと思うので、無駄にはならないと思う。

個人的にはプログラミング養成より、小さい頃からベンチャースピリッツを養って欲しいと思っている。

就職率NO1が公務員?

これだけは若い人には思って欲しくない。

保守的な思考は人間を小さなものにしていくからだ。

転職だろうが、起業だろうが、失敗して、繰り返して、ガッツリ人生を楽しんで欲しい・・

できれば、そういうことを教えたいよなあ~。。

では、また!

 - 独り言