気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

イメージをキャッチコピーで表現する。無いものを表現するからキャッチだ。

      2016/11/27

okasan

良く大手企業が使うキャッチコピー!

このイメージに騙される。最近何となく多いよな。

多分、ブランド戦略で広告代理店の博報堂や電通などの戦略の一環だ。

企業のイメージを文字にする。つまり、スローガンみたいなやつ。

個人的にはあまり好きではない。

見てくれではなく、本質で勝負してほしい。

東芝であれば 『Leading inovation』つまり”技術革新をけん引していく企業でありたい”

確かにそうだが、別のところでブランドイメージは悪い

パナソニックの『Ideas for life』、”生活のアイディアを出す会社になりたい”

しかし、アイディアには乏しい。

三菱電機 であれば『Changes for the better』これも”より良い物へ変えていけるような会社になりたい”

別のところを変えて欲しいという気持ちもある。

ケンタッキーなら”おいしいを、ずっと。あたらしいを、もっと。

お金で買えない価値がある”と言っているのはマスターカードだ。

あったとしても所詮カード会社はお金だ。

昔、好きだったはパナソニックのCMで言っていたフレーズが”いつもサムシングニュー

これは好きだ。いつも何か新しい企業でいたい?

うむ。。

という感じで聞いていた。

こんな感じでスローガンみたいなものが多いが、最近何となく現実とのギャップを感じてしまうのは私だけだろうか?

朝6:00に起きてモーサテを見ているが、岡三証券のCMの中のコメントもキャッチっぽい

昨日より今日がちょっとだけ良い日であるように・・・”

何となく解るが、だから何?と言いたいところもある。

所詮、株の値動きのことだ(笑)

そういうキャッチコピーは大手が使うから生きてくるのであり、中小企業が作っても全く意味を持たない。

むしろ、滑稽にも感じる

ただ、稀に社長から頼まれることもある。。

ちょっと考えてくれ!と言われたので、適当に考えていると、適当に浮かんだものを並べる。。

明日の未来が今日の自分

これ良いぞ!

何となく語呂が良い、キャッチとしては行けそうだが、言っている意味がさっぱり分からない(笑)

この手のキャッチは多い

今日とか、昨日とか、未来を使うとそこそこ格好良いのもできるが、そうするとさっぱり意味が分からなくなる。

明日を戦うリーディングカンパニー

全く意味が分からないが、業種によってこれが何となくボケて生きてくる。

それがキャッチというものだ。

そういうものをいくつも並べてその企業にあったキャッチを考える。

しかし、私がいろいろな仕事に携わって感じたことは、表面に出しているキャッチほど、自分(会社)とは裏腹のものになる。

これは当たり前だ。だからキャッチコピーと言っている。

それと同様、人間も同じになる。

例えば、いつもニコニコしている人は本当は明るくない性格だ。

自分の弱いところを隠す為にそういう行動になる。憧れとも言えるかもしれない。

強そうに見える人ほど、臆病ということもある

強い自分になりたいということだ

賢そうに見えるが、本当は賢くない。

賢い人へのあこがれだ。

全てに共通していることは、自分に無いものを表面に出したがる傾向にある。

それは私の辞書で言えば、全てに共通していることになっている。

何でもそうだが、見てくれというのは所詮何もならないような気がする。

問題は中身だ。

そう考えると、このブログも中身が無いことをたんたんと書いている。

思ったことをそのまま書く!

ある意味ストレス発散だ。

それを読んでくれている人には感謝する必要があるが、決して「ありがとう」とは言わない。

本当に思っているから、表面には出さないのが私だ。。

ちょっと変わった性格なのだろう!

口で言うのは簡単だ。要は中身だな。

では、また!

 - 独り言