気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

この時期は何となく寂しい気分になる時がある

      2016/11/27

78965

別れがあるから出逢いがある?と良く言う

この時期は転勤、進学や就職など別れのシーズンでもあり、また出逢いのシーズンでもある。

新鮮な気分でもあるが、それとは逆にこの何とも言えない寂しさもこの時期感じる。

別れ?、旅立ち?

お子さんが居る人は進学で子供と別れる人もいると思う。

私の場合は仕入先のIT商社の担当が異動になった。

まあ~栄転なので、旅立ちだな。

彼は独立したときにもいろいろと助けてくれたやつだ。

若僧だが不思議とねばりのあるやつで、何事も気にせずガッツリ営業でアタックしてくる。

多分、鈍感力?があるのだろう。

相手の行動や言葉に敏感にならずに鈍感を装うことでいい結果を出す

簡単に聞こえるが、これが意外と難しい。恐らく、人間社会で生きていくには必要なことだと思う

同様に他の仕入先の担当者も次々と転勤になっている。

結構、移動が多い気がする。

おまけに東芝関連会社は激しく変わってきている。そろそろリストラが加速してくるころだろう

追い討ちをかけるように宮田エアロや百加ちゃんエアロのメンズ仲間であったクールなエアラーボーイの彼も転勤と聞いた

折角、知り合いになったが非常に残念な思いがする。

西新の湯船で時々世間話をした。まあ~裸の付き合いっちゅうやつかな。

彼は関東出身なので、地元に戻るだけだ。

恐らく、九州の地は二度と踏むことはないだろう。

私も転勤族だったが、それはそれで地方の思い出は記憶に残るものだ。

身体に気を付付けて頑張って欲しい。

さて、年度末と言うことでエクササイズを受けるのが精一杯でブログれなかったというのが正直な気持ちだ。

今日は無事それらが終わったのでのびのび書ける。

自由に書けるというのはなかなか面白い。

先週のエアロマニア50、エアロHi50も現在の括りで最後のレッスンが終わり、来月からどちらも生まれ変わり、同じエアロ50の顔になってメンバーの前に現れる。

今回の括りは「50」ということになる。

50が大きなくくりでローインパクト、ハイインパクト、マニアックの3つを補完しているらしいが、やっぱり何かおかしい。

どうも、ルネサンスの考えることは理解に苦しむ

このやり方が時代の流れに合っていると言えば合っている。レッスンをフラットにすることで集客力を上げているということになるが、根本的に「サービス業」としての質はどうだろうか?

何となく弱者切り捨ての論理ではないが、煙に巻いてレッスンを調整しているのがよく分かる

エアロ人口を考えてもグラブ側にとって魅力がないエクササイズということは確かだが、ちと強引なやり方と私は思う。

やるのであれば、キチンとクラブ側の意図や事情を説明して、減らす、増やすをした方がメンバーとの信頼関係が気付けると思うな

そんな凸凹エアロライフを楽しんでいる私だか、先日面白いことに気付いた

それは名前だ。

よく話す人でも実は名前すら知らないのだ。人に伝える時も特長で伝える

例えば、右端で激しく踊っている白髪のじいちゃん?とか、一番後ろでリズム感がない太ったおばちゃん?

など、特長をあからさまに言わなければ伝わらないのが、レッスンエクササイズのメンバー関係だ

だったら、私は何と言われているか?

考えただけでもぞっとする。

ニヤけたおやじとか?激しく踊っている若作りなおやじとかだろう。

だから、最近はせめて名前だけでも覚えていこうよ!月間にした。

バカみたいなことだか、意外と面白い。

実はイメージで名前を創造している。

この人は山本さんかな?あの人は近藤さん?と言う感じになるが、ほとんど当たらない

意外と変わった名前の人もいるし、単純な名前の人もいる。

メンバーコミュニケーションとでも言っておこう。恐らく、脳には良く、ボケ防止には良いだろう。

個人情報保護!保護!とか、いろいろ言われる時代だが、せめて名前ぐらいは知っておきたいものだ。

そんなエアロライフがあっても良いだろう

では、また

 

 - 独り言