気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

人から好まれるもの?ライフスタイルの変化とは難しいものだなあ~

      2016/11/27

951昨日、シティベーカリーのパンを食べた。

テークアウトで家内が買ってきた。

ソラリアの地下に店舗がオープンしているらしい。福岡には中央区平和にもある。

ちょっとこ洒落たカフェだ

東京、大阪にもあり、3店舗目が福岡らしい。

最近はベーカリーショップやベーカリーカフェなどが増えたような気がする。昔でいうと、サンマルクスタイルだな?

サンマルクには時々行く。焼きたてのパンが美味しい?というか、味はちょっと何とも言えないが、あの空間が好きだ。

焼きたてのパンを思う存分食べられる。

たた、不思議なことに買って自宅で食べると、さほど美味しいとは思わない。冷えてるからか?場所が違えば味も変わるだな(笑)

焼きたては何でも美味しい。あれもビジネス手法だ。

私の主食はこめだ!米には拘っている。

米があれば、おかずは何でも良い。たくあんとノリだけでもOK!納豆も良く食べる。

品種はミルキークイーン。米の最高峰と思っている。もちもちして噛めば噛むほど味ができる

その米が無い場合は福重の知人から自家製米を分けてもらっている。

これもまた格別にうまい!

パンはおやつ感覚でしか食べない。私からしたら全ておやつだ。どんなに美味しいパンがあっても、主食には慣れないのがパンだ。

わき役だな。ただ、名わき役というパンもある。

そんなおやつ感覚のパンだが、最近何となく感じることがある。

昔に比べてパンがふわふわになった。手でちぎろうとすると潰れてします。

メーカー品、手作り品。。何でもそうだが、ふわふわ過ぎて軽い。大きく見えても、手でつぶせばちびっとだ。

この前、セブンのロールパン(4つ入り)を買った。味はまあまあだったが、これもふわふわ過ぎだ。

簡単に潰れてしまう。まるで綿菓子のように小さくなる。

これが現代のパンのクオリティと言ってしまえばそうなのかもしれないが、膨らませ過ぎではないだろうか?

昔のパンはもっとがっちりして、重量感があった。

しかも、食べ応えもあったような気がする。そうすると、何となくコスト削減?のように思えて仕方がない。

そんな中、シティーベーカリーのパンは重量感があった。もちろん、値段もなかなかだが、そこそこ好きなテイストだ(笑)

休みの日に平和の店舗の前を通ると、人でいっぱいだ。

スタバやベローチェなどとは違ったオープンカフェの雰囲気?。カフェでゆっくり話をしている?

優雅なシーンだ

スタバなどのカフェは1人でも邪魔にならず、ゆっくりとした時間を過ごせる。

DSC_0221

シティベーカリーとはちょっと違ったテイストだ。

そのへんは住み分けられているような気がする。

欧米型のライフスタイルが格好良い。私も以前はYAHOOカフェにはまっていた。あの空間がくつろげる。何とも言えない優雅な雰囲気だ。

ヤフーカフェは日本の食事の概念を根本から覆したと思う。

皆、パソコン画面を見ながら食事をしている。日本で言えば、行儀が悪い。この一言に尽きる。

しかし、ここは時代の変化だろう。それが許される時代になったと言えば、それは仕方がないことだ。

そう考えると、味良し、空間良しというところに人が集まる事になるだろう。

それは空間を提供するビジネスで、カフェだけに留まらず、何でもそれが言えてくる。

もちろん、フィットネスでもだ。

ただ、1つ言えるのは日本人がハンバーガーを歩きながら食べているスタイルがどうにもダサく感じるのは私だけ?

時と場所にあったスタイル・・これが格好良いと思う

では、また!

 - コラム