ダイナブックのメモリ増設方法編

タイプ別のメモリ増設方法

メモリ今回はダイナブックをもっと楽しもう!へ問合せが多い「メモリ増設方法」を纏めてみました。ダイナブックやサテライトのメモリ増設方法は大きく分けて2種類あります。
本体裏面に増設スロットがタイプ
キーボード下に増設スロットがあるタイプ
の2種類です。
本体裏面のタイプもフラット2スロットタイプの場合と2段スロットタイプがあります。ちなみに下記図は2段スロットタイプで増設メモリを2段重ねで設置するものです。
①のようにスロットピンを広げて②で抜き差しします。 slot

※シリーズ別(AX,CX,EX・・・)メモリ増設方法はこちらをご覧ください。

■キーボードの下に増設スロットがあるタイプ

(このタイプのダイナブック・サテライト)
dynabookSS MX/470LS MX/25AE MX/27AE
dynabookSS M35 M36 M37
dynabook C7 C8 C9
dynabook CX/2213シリーズ CX/2215シリーズ CX/3214シリーズ CX/3216シリーズ
dynabook CX1/212CDEW CX1/212CMEW CX1/214LDEW

MX1 キーボード上のラッチを取り外します
MX2 キーボードをはぐります。
MX3 アルミ版を外すと増設スロットが確認できます。

詳しくはhttp://dynabook.com/にあります、機種別のマニュアル「応用編」をご覧ください

■本体裏面に増設スロットがあるタイプ

(このタイプのダイナブック・サテライト)
dynabookSS S20 S21 2000~2120シリーズ 1600~1620シリーズ SXシリーズ全機種
dynabook AX VX TX ほとんどの機種 Qosmio全機種
Satellite Jシリーズ全機種 Satellite Tシリーズ Kシリーズ 全機種

裏面 SS S21をモデルに説明します。
裏面 裏面に増設スロットらしいところがあります。
裏面 カバーを外すとスロットが確認できます。
※スロットが1つのタイプと2つのタイプがあります。


ページトップ



このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。 著作権はdynabook Labまたはその情報提供者に帰属します。
Copyright (C) dynabook Lab All Rights Reserved.